待望の再入荷!!リー○イスモデルのデニムビブオーバーオール!!【WAREHOUSE "DD-1006XX No.1 DENIM OVERALL"】

JUGEMテーマ:日記+情報

 

 

 

 

 

 

_DSC0141.JPG

 

 

 

 

こんにちは!遠藤です!

 

 

つい先日までは寒い日が

続いておりましたが、

もうすっかり春ですね!

 

 

今まで眠ってた

アイツが輝き出す季節です!

 

アイツー?

 

そう!

オーバーオールです!

 

 

今日ご紹介するのは

去年入荷後、即完売してしまった

激レアオーバーオールです!

 

 

 

 

早速ご紹介しましょう!

コチラです!!!

↓ ↓ ↓

_DSC0005.JPG

WAREHOUSE × JUNKYSTYLE 

"DD-1006XX NO.1 DENIM OVERALL"

NONWASH

 

 

_DSC0003.JPG

リー◯イス社が

1920年代〜1930年代に

生産していたとされる

オーバーオール!

 

当時ライトオンス(NO.2デニム)での製作が

主流だったオーバーオールですが、

このモデルはXXと同じ生地(NO.1デニム)を

採用していました!

 

 

 

_DSC0010.JPG

ビブ部分には四角いポケットが2つ

 

 

 

_DSC0021.JPG

右胸はフラップ付きポケット。

 

 

 

_DSC0025.JPG

☝フラップは角のある仕様。

 

 

 

_DSC0043.JPG

ポケットには補強用の

リベットが打ち込まれています

 

 

 

_DSC0015.JPG

 

_DSC0069.JPG

左胸には

懐中時計ポケットとペン差し

 

 

 

_DSC0066.JPG

☝懐中時計を掛ける

ホールも付いています。

 

 

 

_DSC0050.JPG

〜ウエスト部分も

貴重なディテールがたくさん。〜

 

 

 

_DSC0059.JPG

この時代は股リベ付きです。

 

 

_DSC0028.JPG

鉄製ボタンは

エイジング加工が

施されているものも混じっています

 

 

 

_DSC0057.JPG

コインポケットは

スラッシュ外に付いているタイプ

 

しかもパチポケではなく、

裏から生地を貼り付けています

 

 

 

【BACK STYLE】

_DSC0075.JPG

 

_DSC0090.JPG

バックポケットは

やはり大きめ。

 

 

 

_DSC0101.JPG

各所リベットで補強されています。

 

これまで見ていただくと

わかるように

リベットがふんだんに使われているのが

特徴的ですね!

 

 

 

_DSC0111.JPG

右大腿部には

キャンドルポケット

なんて呼ばれるツールポケット。

 

▷形もさながらキャンドルの様ですが、

鉱山掘削者がキャンドルをしまっていた

なんて話もあります。

 

 

 

_DSC0095.JPG

左にはハンマーループ

実はライトオンスの生地が使われています。

 

▷ここ以外にも

フラップ裏前立ての内生地

フックの受け部分にも

使用されています。

 

 

 

_DSC0107.JPG

オリジナルの

鹿革エイジング革パッチ

 

 

 

_DSC0084.JPG

背中には布タグが付きます

 

 

 

_DSC0118.JPG

内側を公開!

 

 

_DSC0121.JPG

袋地は

生成りのコットンツイルです。

 

 

 

_DSC0126.JPG

腰帯には

ツイル生地の当てが付きます

 

補強を兼ねているのでしょう。

 

 

 

_DSC0087.JPG

実はあまり出逢わない

リー◯イスの

オーバーオール。

 

何度も言いますが、

メチャクチャレアです!

 

 

 

 

_DSC0135.JPG

実は今回のアイテム

再入荷でもありますが、

新入荷でもある

 

どういうことか?

 

なんと今回から

バナーデニム(13.5オンス)
を採用しています!

 

しかも、

ノンウォッシュは

ジャンキースタイルだけ!

 

 

 

発売は明日4月4日(土)AM11:00~

(通販開始は同日AM11:30から。)

※お取り置きは一切できません。

 

 

価格・通販はコチラから!!

もう少々お待ちください。

 

 

 

 

 

 

 

 

明日は通常営業予定です!

皆様のご利用・ご来店を

お待ちしております。

 

 

 

初入荷のブログも

一緒に見てね!

クリック!

 

 

 

 

 

 

 

以上、遠藤がお送りしましたm(-  -)m

 

 

 

 


東洋エンタープライズ創業55周年記念スカジャン!!『TOKYOモデル』!!【KOSHO & CO. / SPECIAL EDITION "TOKYO 2020" × "TOKYO 1965"】

JUGEMテーマ:日記+情報

 

 

 

 

国立競技場[1].jpg

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは!遠藤です!

 

 

2020年に開催予定だった

東京オリンピックは

来年に延期となりました。

 

 

それぞれ思うことは

あるでしょうが、

それもしょうがないことです!

 

 

むしろ、

数十年後には

あんな時もあったな〜。

といい思い出となるでしょう。

(と願いたい。)

 

 

その時に

この一着があれば、

さぞ思い出深いものとなるでしょう。

 

 

 

 

 

この一着というのは、

コチラです!!!

↓ ↓ ↓

_DSC0111.JPG

_DSC0048.JPG

KOSHO & CO.

SPECIAL EDITION

"TOKYO 2020" × "TOKYO 1965"

 

東洋エンタープライズの創業55周年記念

モデルであるとともに、

東京オリンピック開催を記念して

製作されたスペシャルスカジャン!

 

延期になってしまったので

幻の東京五輪2020モデルとして

後世に語り継がれるでしょう...。

 

 

 

_DSC0025.JPG

コンセプトは

東洋創業当時の1965年

55周年を迎えた2020年現在

”東京”の風景を切り取った

デザインになっています。

 

 

 

_DSC0048.JPG

1965年

 

富士五重の塔という

日本を象徴するモチーフに加え、

東京の名物である

淺草寺雷門東京タワー

 

まさに

スーベニアジャケットと

呼ぶにふさわしいデザインです!

 

 

王道の龍、虎、鷲は

実際には日本ぽいものとして

描かれているので、

今回の柄は正真正銘

日本を代表するモチーフのみです。

 

 

 

_DSC0052.JPG

☝『金龍山』額まで再現

 

かなり細かい文字まで

正確に刺繍できるのは

桐生の職人さんだからこそ成せる技。

 

 

 

_DSC0068.JPG

数々の風景柄で登場する五重の塔。

 

東京なら浅草寺が有名ですね。

 

 

 

_DSC0078.JPG

☝桜。東京もそろそろピークですかね。

 

東京タワーや雷門の赤色に対して

控えめで優しい色合いのピンク。

 

全体で見ても色使いが絶妙です!

 

 

 

_DSC0072.JPG

五重の塔と東京タワーの間から

覗く富士山という

かつてないデザインが

オリジナリティ溢れています。

 

 

 

_DSC0091.JPG

FIFTY FIFTH=55周年

 

柄を目立たせる為でしょうか、

ボディと同色の刺繍が施されています。

 

 

 

_DSC0085.JPG

五輪マークと同じ配色で

刺繍されている"TOKYO"の文字。

ユニークな字体にも注目です。

 

 

 

_DSC0065.JPG

ヴィンテージを知り尽くしているからこその

奥行きを感じる素晴らしい構図

 

それぞれメインともなれるモチーフが

贅沢に集結しています!

 

 

 

 

 

【FRONT】

_DSC0161.JPG

ウエスタン調の矢印型ポケット縁

が黒抜きで目立っていますね。

 

 

 

_DSC0163.JPG

タイガーヘッド創業年

 

彼が咆哮する先には...

 

 

 

_DSC0167.JPG

ミニチュア日本風景

 

これもまた風流ですな。

 

 

日本三景の

松島、宮島、天橋立か?

無理やりですが。

 

 

 

_DSC0016.JPG

下町にうんと馴染むスカジャン。

 

イッツアビューティフォー!

 

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーREVERSIBLEーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

_DSC0015.JPG

_DSC0041.JPG

 

今回のデザインは

ただ1965年の東京と

2020年の東京を描いている

だけではありません

 

それぞれの面が

対照的に描かれているのです

 

どういうことか?

 

わかりやすいもので言えば、

東京タワースカイツリー

新旧の電波塔ですよね。

 

 

 

_DSC0110.JPG

そのほかで言いますと、

1965年面は白ボディ

2020年面は黒ボディです。

 

 

 

_DSC0139.JPG

季節で言いますと、

1965年面は

2020年面は花火

モチーフが描かれています。

 

墨田区夏の風物詩である花火大会。

五輪マークカラーの花火が美しい!

 

 

 

_DSC0120.JPG

2020年面にはそのほかに

近未来型の船が隅田川に浮かんでいます

 

発想が新しい!

果たして数十年後実現しているのでしょうか!?

 

 

 

_DSC0126.JPG

右隅には花火を楽しんでいる(であろう)

が隅田川を遊泳しています

 

龍がこんなに小さく刺繍されている

なんてとても贅沢使いです!

 

 

 

 

 

 

【FRONT】

_DSC0142.JPG

左胸は1965年面と

同じとおもいきや

東京タワーから

スカイツリーに変わっています

 

 

 

_DSC0146.JPG

右胸には旋回する

 

 

あれ?待てよ。

 

スカジャン三大アニマルモチーフの

全て詰め込まれている!

 

 

 

ヴィンテージに沿ったモチーフと

現代的なオリジナルモチーフを

大胆に盛り込んだスペシャルデザイン!

 

 

 

_DSC0029.JPG

我が町両国を含む墨田区が

デザインとして採用されるなんて

感無量です!

 

 

 

 

※新潟を捨てたわけではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

_DSC0051.JPG

 

 

本日は昨日の雨もあがり、

きれいな青空が広がる。

 

 

 

_DSC0038.JPG

 

 

墨田区、両国駅近く、

ジャンスタ店舗前。

 

約25年間走り続けました。

 

 

 

_DSC0042.JPG

その旧店舗と重ねる

東京タワー。

 

今はスカイツリーに

役目を譲った立場です

 

 

 

_DSC0075.JPG

 

昨年から店舗で営業中。

 

移転してから約半年。

まだまだ走り続けます!

 

スカイツリーのように...

 

 

 

_DSC0058.JPG

(178cm サイズ大)

 

 

墨田区に本社を構える

東洋エンタープライズ

 

55年の技術を集結した

かなりなスカジャンを

作ってくれましたね!

 

 

 

 

_DSC0071.JPG

最後まで

ご愛読ありがとうございました。

 

かなりの長文になってしまいましたが、

ジャンスタが居を構える

墨田区モチーフだったので

思いが溢れてきちゃいました!

 

 

とにかく、

港商からの技術を受け継ぎ、

将来のヴィンテージとして

世に残すための

スペシャルなスカジャンです!

 

 

もう二度と出ることは無いので

後悔の無いように!!

 

 

 

価格・通販はコチラから!!

 

 

 

 

皆様のご利用・ご来店を

お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

_DSC0078.JPG

『・・・待ってるで。』

 

 

 

 

 

 

以上、遠藤がお送りしましたm(-   -)m

 

 

 

 


20世紀初頭、実名ヘッドライトのデニムカバーオールが登場!!【HEAD LIGHT / 9.5oz. BLUE DENIM WORK COAT】

JUGEMテーマ:日記+情報

 

 

 

 

 

_DSC0226.JPG

 

 

 

こんにちは!遠藤です!

 

 

皆さまお元気でしょうか?

 

ジャンキースタイルは

昨日から元気に稼働中です!

 

新作もたくさん揃っていますので

来れる方はぜひご来店を、

おうちで過ごしている方は

アイテムリストを随時

チェックしてみてください!

 

 

 

 

そんなこんなで

本日も入荷したての

スペシャルアイテムを
ご紹介いたします!

 

 

 

それが

コチラ!!!

↓ ↓ ↓

_DSC0041.JPG

HEAD LIGHT

"9.5oz. BLUE DENIM WORK COAT"

 

 

_DSC0043.JPG

1910年代にヘッドライトで

生産された貴重なモデルです。

 

 

 

_DSC0230.JPG

☝当時のカタログにも掲載されています。

 

 

 

_DSC0195.JPG

_DSC0050.JPG

右胸の小ポケット

煙草を入れていたのでしょうか?

 

 

 

_DSC0068.JPG

左胸のポケットは

珍しい形をしていますね。

 

 

_DSC0073.JPG

 

_DSC0138.JPG

懐中時計ポケットと

ペン差しが両立しています。

 

 

両立しているものは

たまに見かけますが、

こういった形は無いですよね〜

 

 

 

 

_DSC0096.JPG

ウエスト部分には

大きなホームベース型ポケット

 

 

 

_DSC0029.JPG

☝かなり外側に付いていますね。

 

 

 

_DSC0109.JPG

お気づきの通り、

1910年代までのディテール

とされている

Vステッチが施されています。

 

 

飾りの場合もありますが、

今回は裏の補強布を縫う

ためのステッチです。

 

 

 

_DSC0132.JPG

"チェンジボタン"

 

_DSC0077.JPG

はじめから古びた味のある仕様。

 

 

_DSC0218.JPG

ボタン裏には

パテントを取得していたとされる

時期が刻まれています

 

 

 

_DSC0055.JPG_DSC0064.JPG

☝カフスには

これまた違う形の

チェンジボタンが。

 

 

 

_DSC0105.JPG

襟は短めで小ぶりです。

 

このくらいが個人的に好みです!

 

 

 

_DSC0086.JPG

チンストラップが無い代わりか、

チェンジボタンを移動させて

首元を守れるように

工夫がなされています。

 

 

 

_DSC0200.JPG

実は内ポケも設けられており、

生地を裏にして使っているのが特徴的!

 

 

 

_DSC0207.JPG

☝内側には

ユニオンチケット

付いています。

 

 

 

 

_DSC0008.JPG

 

今回のファブリックは

9.5オンスのデニム生地です。

 

このために製作した生地で、

ほんの少しグレーがかった

独特の生地の色をしています

 

 

 

_DSC0190.JPG

☝製品に付いてくるタグです。

 

さらに、

ウォッシュ後は色が濃くなるようです

 

 

▷"WILL FADE LESS"と

書いていることから

色落ちはしぶとそう

かなり育てがいのある生地ですね。

 

 

 

_DSC0017.JPG

Aラインのきれいなシルエットです

 

まだヨーロッパの

ワークコートの名残があるため

そこまで野暮ったくありません。

 

 

 

_DSC0102.JPG

☝裾のステッチがおもしろい!

 

 

_DSC0004.JPG

着丈はやや短め。

 

 

 

_DSC0002.JPG

(178cm ノンウォッシュ36)

 

 

昨年入荷した

ウォバッシュストライプよりも

派手さは抑えられているので

とっても着やすい!

 

 

 

_DSC0244.JPG

ジャンキースタイルでは

たびたび20世紀初頭モデルの

アイテムがブログに登場しますが、

オリジナルにはほぼお目にかかれない

超貴重なアイテムたちです。

当たり前には出会えないのです。

 

 

このようにヴィンテージを

追究し続けているブランドが

あるからこそ

私たちはあのころの意匠を

目にすることが出来るのでしょう。

 

 

今では考えられない

ディテールが盛り沢山ですので

あの頃のワークウェアに興味が

ある方はぜひとも

手にしてください!

 

 

 

 

価格・通販はコチラから!!

 

 

 

 

 

 

 

皆様のご利用・ご来店を

お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

UWoivukpccioiSUD2cHk1585633845-1585633965.gif

『チャスッ』

 

 

 

 

 

以上、遠藤がお送りしましたm(^     ^)m

 

 

 

 

 

 


今週末の営業に関して

JUGEMテーマ:日記+情報

 

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは。

 

ジャンキースタイルから

今週末の営業に対するお知らせです。

 

 

 

 

皆様もご存知の通り、

現在東京都から

コロナウィルス対策による

今週末の行動自粛要請が勧告されました。

 

 

それに伴い、

明日3/28(土)と3/29(日)は

当店終日休業とさせていただきます

 

なお、3/30(月)から

営業再開予定です。

 

変更の際はSNS等で

お知らせ致します。

 

また通販に関しましては

営業再開予定の3/30より

順次発送させていただきますので

あらかじめご了承ください。

 

 

 

急な発表となりましたが、

何卒ご理解のほど

よろしくお願い致します。

 

 

 

あわせて本日のブログも

ご覧下さい。

クリック!

 

 

 

以上、ジャンキースタイルでした。

 

 

 

 

 

 


東洋55周年アニバーサリーモデル!江戸藍を使ったデニムセットアップが登場!【SUGAR CANE / 砂糖黍 江戸藍混 14OZ. DENIM BLOUSE & PANTS】

JUGEMテーマ:日記+情報

 

 

 

 

 

こんにちは!遠藤です!

 

今週末の営業に関する

大事なお知らせです。

本ブログをご覧になる前に

まずはコチラをご覧下さい。

クリック!

 

_DSC0162.JPG

 

 

 

2020年。

様々な事が起きる予感。

(もう起こっていますが。)

 

日本のアメカジブランドの

トップを走り続ける

東洋エンタープライズが

今年創業55周年を迎えます

 

TAILOR TOYOから

スペシャルなスカジャンが

登場したように、

各ブランドから

アニバーサリーに相応しい

スペシャルなアイテムが

用意されています。

 

 

 

本日は

シュガーケーンから。

 

 

 

東洋エンタープライズが生まれた

1965年はベトナム戦争が始まった年

でもあります。

その年から日本の米軍基地関係者へ

日本の製品を卸していました。

 

ベトナム戦争が終わると、

米軍に卸していたアメリカ仕込みの

ノウハウを活かし、

国内向けにワークウェアを

製造、販売するようになりました。

 

その際、米軍基地に駐屯していた

将校に名付けられたのが、そう、

SUGAR CANE

だったのです。

 

 

 

 

(珍しくためになる長い話でした。)

 

 

 

 

そのシュガーケーンが

55周年記念アイテムとして

作り上げたのが、

コチラ!!!

↓ ↓ ↓

_DSC0179.JPG

SUGAR CANE

砂糖黍 江戸藍混

14OZ. DENIM BLOUSE & PANTS

 

 

_DSC0336.JPG

江戸藍

江戸時代を代表する絵師たち、

葛飾北斎や歌川国芳ら

藍顔料を使用した『藍摺(あいずり)』

という技法で作品を手掛けていました。

 

藍のもつ美しい色合いは

当時から多くの人々を魅了しました

 

そもそも

我々が呼ぶ江戸藍とは

江戸で作られた

と言う意味ではありません。

 

江戸時代に用いられた

藍のことを指します。

 

 

 

 

_DSC0258.JPG

江戸藍の特徴と言えば、

緑がかった色合いです。

 

江戸時代に藍染めされた衣服は

経年や日焼けによって色素が変化し、

独特な色味になりました。

 

それが江戸の人々の間で

とされ、

江戸文化特有のアイコンと

なったのです

 

 

 

ー完ー

 

 

 

ではなく、

_DSC0151.JPG

なぜまたこのタイミングで

江戸藍なのか。

 

 

それは、

今年2020年に

東京オリンピックが

開催される(予定だった)

からです!

 

 

日本の伝統文化を

世界に広めるいい機会!

藍の奥深さを

日本人にも改めて知ってもらおう

という思いで

今回こういった運びとなりました!

 

 

 

 

hqdefault[1].jpg

その上で

今回協力してくれたのが、

江戸藍復興協会さんです。

 

”江戸時代の生活の一部だった

「藍」の美しさ、素晴らしさを

新しい時代に継承すること”

をモットーに、

藍の伝統技術をつかったものづくりや

江戸の文化を発信しています。

 

 

 

_DSC0192.JPG

そんな彼らの協力のもと

自社の工房で

1点ずつ本藍による手染めを施し

完成したのが

今回のデニムセットアップです!

 

 

 

_DSC0012.JPG

"DENIM BLOUSE"

 

1950年代初期まで見られる

「片ポケ」仕様のファーストタイプ。

 

 

 

_DSC0059.JPG

しかも、

ビックサイズのみに見られた

2枚接ぎ仕様の

『Tバック』タイプを再現。

 

 

_DSC0120.JPG

フラップ裏は

ライトオンスデニムではなく、

本藍染めのコットンツイル

を採用しています。

 

 

 

_DSC0226.JPG

手染めですのでそれぞれ

違う味があります。

 

 

 

_DSC0240.JPG

レザーパッチももちろん

本藍染め(鹿革)

 

甕に適当な時間漬け込む

ことにより完成。

 

▷レザーの藍染めは甕を

汚してしまうため、

やってくれるところが少ないそうです。

 

 

 

_DSC0017.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

 

_DSC0035.JPG

"DENIM PANTS

SLIM MODEL"

 

 

 

_DSC0283.JPG

江戸藍混の14オンス砂糖黍デニム

使用した本商品は

ムラのある生地感が特徴

 

 

 

_DSC0289.JPG

ジャケット同様50年代仕様。

 

 

_DSC0294.JPG

 

 

_DSC0300.JPG

江戸藍ということで

グリーンセルヴィッジ

 

コインポケット裏に

付いています。

 

 

_DSC0308.JPG

左右で染めの具合が違う袋地

 

 

_DSC0310.JPG_DSC0315.JPG

染めにはかなり力を入れています

 

 

 

_DSC0268.JPG

 

_DSC0070.JPG

シルエットは膝から

ややテーパードした

スリムタイプ。

 

体にフィットする分

アタリも豪快につきます!

 

 

 

 

 

_DSC0084.JPG

 

 

_DSC0131.JPG

 

 

 

_DSC0156.JPG

175cm

JACKET ノンウォッシュ36

PANTS ノンウォッシュ30

 

 

 

_DSC0252.JPG

いかがでしたでしょうか?

 

まさにアニバーサリーに

ふさわしいアイテムです!

 

 

江戸藍の復興に貢献することも

兼ねて、

日本人アメカジマニアなら

ぜひともゲットしてください!

 

 

 

》価格・通販はコチラから!!《

DENIM BLOUSE

DENIM PANTS

 

 

 

 

皆様のご利用をお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

以上、遠藤がお送りしましたm(-   -)m

 

 

 

 

 

 


<< | 2/584PAGES | >>

RECENT ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

SEARCH THIS SITE.