モッズコートがいいね!!【BUZZ RICKSON'S TYPE M-65 (NO HOOD)】

JUGEMテーマ:日記+情報

 

_DSC0084.JPG

 

 

 

 

こんにちは最近は年のせいか

お酒のせいなのか・・気付けば

ギターを抱えたまま眠りに堕ちてしまう

 

 

ナベです🐈

 

 

 

残暑もだい落ち着いて少しずつ

涼しさを感じられるようになってきましたね。

 

 

個人的には一番好きな季節。

そしてファッション好きにとっては

「これからが本番」

 

 

いいの入ってます。

コチラ☟

 

_DSC0141.JPG

【BUZZ RICKSON'S】

TYPE M-65 (NO HOOD)

 

 

”M-65”。

名前だけ聞くと皆さまあの

M-65”フィールドジャケット”を

思い浮かべてしまうかとは思いますが

それとは別物。

 

 

馴染みのある名前で言うと

通称”モッズコート”

由来はUKのモッズカルチャーから。

 

 

本来はこれにフードが付くものを

”モッズパーカー”と呼んでいましたが

時代の流れと共にそのような愛称になっています。

 

_DSC0002.JPG

前身となるM-51パーカーからの後継で

1965年から採用となっています。

 

 

初期はタグのネームが

「PARKA,MAN'S,M-65」の表記ですが

 

_DSC0126.JPG

☝今回のはその後の

「PARKA,EXTREME COLD WEATHER」

表記。

 

 

M-51からの変更点はフードが脱着可能になったり

肩に付くエポレットの省略

 

_DSC0136.JPG

内側にはライニングを取り付ける用の

ボタンが配備され脱着が可能な

※今回のモデルにはライニングは付属しません。

 

そのライニングの素材もウールからキルティングへ

変更され、より軽く暖かく変更されました。

 

_DSC0155.JPG

素材もコットンサテンから

コットン50%・ナイロン50%

オックスフォード織りに変更することで

軽量化と、濡れた際の乾きやすさを実現。

などなど。

 

 

ご存知の通り、軍物は兵士の使い勝手を考え

進化していきます。

 

 

_DSC0127.JPG

ZIPPERはバズでしか再現できない

当時と同じ『CROWN』の実名ZIP。

 

_DSC0162.JPG

袖口はストラップで窄めることも可能。

 

_DSC0154.JPG

フラップ付きのポッケは袋型で

ライニングにウール。

 

_DSC0063.JPG

☝モッズコートの特徴の一つとも言える

通称”フィッシュ&チップス”・・いや基

"フィッシュテール"と呼ばれる

この2つに割れたトンガリは

 

U4QzXeEBcUdUcKHF9lDq1600073463-1600073803.gif

☝使わなければ内側に留めることが可能です。

まぁでもこのトンガリが”らしくて”人気みたいですね。

 

_DSC0052.JPG

とにかくシンプルな見た目で

タウンでも使いやすいデザイン!

 

 

本来オーバーコートでシルエットもゆったりめ

しかも今回のモデルはライニングも付いていないので

 

_DSC0026.JPG

中にGジャンやカバーオール、スカジャンや

 

_DSC0017.JPG

革ジャンやダウンなんかの重ね着にGOOD!

 

_DSC0003.JPG

丈も長いので最早ナンデモコイの

最強の”アウトシェル”

 

_DSC0142.JPG

そこまで着込まない時期は

☝このウエストのドローコードで

 

_DSC0082.JPG

キュッと絞ればスッキリシルエットにもなります。

 

U4QzXeEBcUdUcKHF9lDq1600073463-1600073492.gif

ウチの元さん173cmやせ型Sサイズ

中にある程度着込める大きさです。

 

 

もちろんジャンキーのみ

ノンウォッシュです!!

 

 

 

コイツは即戦力!

是非チェックをお忘れなく!!

 

 

通販はコチラから☟

ポチッと。

 

 

それでは皆様のご利用・ご来店を

心よりお待ちしております!!!

 

 

_DSC0074.JPG

ではでは🐈

 

 



RECENT ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

SEARCH THIS SITE.