Lee 101DENIMのすゝめ part供!(Lee101Z 50's MODEL)

JUGEMテーマ:日記+情報

 

7082ef7c275b844a4cbae8dac4bffda6--jimmy-dean-dean-ogorman.jpg

Lee 101 DENIMのすゝめ PART

(Lee 101Z 50's MODEL)

 

 

 

 

こんにちは、

最近ワールドカップ寝不足なナベです🐈

 

 

 

本日は先週に引き続き

『Lee 101DENIMのすゝめ』です

 

 

 

そして、今回は50’s。

 

 

1950年代は第二次世界大戦が終わり

アメリカにとっては1920年代以来の好景気が

訪れた時代。

 

 

 

『フィフティーズ』。

 

 

 

カルチャー・ミュージック・ファッション

それぞれにおいてアメリカが盛り上がっていた時代。

 

 

maxresdefault.jpg

ダイナーや、無駄にド派手な車

音楽ではJAZZからROCKが盛んになり

そして

 

elvis-presley-393859_960_720.jpg

プレスリーのようなスパースターが生まれ

 

1950_fashion04.jpg

映画界ではモンローやマーロン・ブランドのような

伝説的なスターが

 

 

ファッション界でも実に個性に富んだ

デザインがあふれ

 

 

未だにヴィンテージファッションの中でも

特にフューチャーされる物が多い

正にアメリカ全盛時代。

 

 

そしてこの時代の映画スターを語る上で

欠かすことのできない存在が

 

 

922e81cb2feb89dae7f2868edfd7ccd0.jpg

James Dean/ジェームス ディーン。

 

rebel35.jpg

映画『理由なき反抗』の劇中はもちろん

プライベートでも”Lee”を愛用していたことは

有名なお話。

 

 

※なので本当に勝手な個人的イメージだと

本当に硬派なアメカジ好きはLeeを穿いている・・

そんな気が・・・

いや、本当に超個人的なイメージね!

 

 

そんな時代に生まれた今回の

こちら☟

 

_DSC0066.JPG

☝52’s MODEL &

_DSC0087.JPG

☝54’s MODEL

 

_DSC0077.JPG

_DSC0081.JPG

共に片爪(ピンロック)式の

『GRIPPER ZIPPER』の付いた

101”Z”

 

 

とても似ているように見えますが

バック画だけでもステッチカラーやポケットの位置

レザーパッチの違いが見て取れます。

 

 

因みに先週の45’sモデルとの見分け方として

とてもわかりやすいディティールは

※先週の

 

_DSC0073.JPG

内タブに『センター赤タグ』

が付きますが、同じ赤タグでもこの時代のものは

”e”の文字が転がっていません。

 

 

そしてTOPボタンも46年頃から変更された

(”COWBOY”から)”RIDERS”へ。

※以降は同じボタンが付けられています。

 

_DSC0070.JPG

マタ、この時代にはお股の部分のリベットは

排除されています。

 

 

52’sと54’sのディテールの違いですが

やはりわかりやすいのはタグ。

 

 

先程の赤タグが付くのは50’s初期までとされ

実際54’sモデルでは

 

_DSC0093.JPG

内タグが腰裏のセンターに黒いタグの付く

通称『センター黒タグ』へと変わります。

 

 

めっさ細かいですが

 

1529910891639.jpg

フロントZIPPER部分の縫製の仕方や

 

1529910692080.jpg

同じくフロントポケットスレーキの生地感や

縫製の仕方もよ〜く見て頂くと違うのがわかります。

 

 

シルエットも

 

_DSC0125.JPG

_DSC0128.JPG_DSC0129.JPG

☝52’sモデル

 

_DSC0118.JPG_DSC0121.JPG_DSC0123.JPG

☝54’sモデル

 

 

52’sモデルは一番スッキリとして

ほぼテーパードなしの真っ直ぐなシルエット。

但しウエストのカッティングがより真っ直ぐなため

ウエスト部分のみユルめになっています。

 

 

54’sモデルは(先週の45’sも含め)一番股上が深く

ヒップやワタリも52’sよりユッタリめです。

 

 

52’s・54’s共に13 3/4oz.ですが

 

_DSC0097.JPG

45’s ☞52’s ☞54’s

 

ナマの時点でも色味ザラ感が違います。

 

_DSC0101.JPG

54’s(両ミミ)

52’s (片ミミ)

45’s(両ミミ片青)

のようにミミもそれぞれ違いがあります。

 

 

 

ささ。

如何でしょうか??

『Lee』

 

 

 

新入荷のご紹介ブログでも書いてありますが

ジェームスディーンが穿いていたのは

 

 

_DSC0150.JPG

☝54’sモデル

 

 

実は最近私も購入し3週間ほど

ほぼ毎日穿いておりまして

最近特に「ナマ穿きから始めたい病」の私、

 

_DSC0143.JPG_DSC0146.JPG

ナマで3週間。

 

そして昨日

 

_DSC0026.JPG_DSC0029.JPG

☝初お洗濯してみました・・

結論から言います。

ナマ穿きからが好きな人でも

 

 

 

Leeは先ずワンウォッシュはすべし!!

何故なら、

 

 

 

やはり左綾織りの生地は

生地の”まとまり”が良いため

糊(ノリ)付きのままだと凹凸がより出にくく

 

 

”アタリ”を出したい人には尚更

ワンウォシュからがオススメです。

実際今日の一日で

 

 

_DSC0031.JPG

_DSC0019.JPG

☝糊で抑えられていたアタリの基になるシワが

ハッキリと出てきました。

 

 

Leeはノペッと縦落ちだけ

のイメージが強いかも知れませんが

 

_DSC0018.JPG

穿き方、洗い方次第ではヒゲも

もちろん!!

 

 

どのモデルを選ぶのかは

じっくり悩んでみて下さい!

絶対にどれも揃えたくなると思いますが・・

 

 

 

通販はコチラ☟

45’s

52’s

54’s

 

 

それでは良きLeeライフのために

皆様のご利用・ご来店を

心よりお待ちしております!!

 

 

fistoffury33.jpg

ではでは🐈

 

 

 

 



RECENT ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

SEARCH THIS SITE.