げんちゃんブログ【MFSC BLUE CHAMBRAY】

_DSC0047.JPG

 

どうも、げんちゃんです!!

 

さあいきなりですが

またしてもビックチャンス到来

 

今月28日にとある先輩から

3対3

合コン

に誘っていただきました!!

 

しかも女の子は全員

ジ◯ラ◯ト・◯ケの店員

 

この時点で◯◯◯◯しました!

そのため最近はもっぱら

頭の中で

イメージトレーニングを

繰り返しております!

 

「俺ならできる俺ならできる」

自問自答すること3日目

さあ次こそ

皆様に良いい報告を。。。

 

では参りましょう!!!

今宵はコチラ!

 

_DSC0007.JPG

 

MISTER FREEDOM×

SUGAR CANE

"NAVAL CLOTHING TAILOR"

5oz. BLUE CHAMBRAY "M37"

 

アイテム名にもある通り

1930年代のUS ARMYの

「M37」にインスパイアされた1枚

 

 

1940's M37 Field Shirt Allied Forces Military Wool Patches ...

 

ちなみにこちらが

VINTAGE(1940年代)の

M37 Field Shirt

 

そう今回は

US NAVYUS ARMY

の2つの仕様がMIXされているんです

 

ではその辺を踏まえて

見ていきましょう!!!

 

_DSC0011.JPG

 

生地は

5ozインディゴブルーシャンブレー

 

程よいオンスで

今時期くらいから羽織ると抜群に映えます。。

 

シャンブレーシャツと言えば

US NAVY

 

今も尚、米海軍の作業用で

シャンブレーシャツが使われております!

 

_DSC0019.JPG

 

_DSC0027.JPG

 

_DSC0032.JPG

 

皆さんお気づきだったと思いますが

ボタンは

オリーブナットボタンを使用しており

縫製綿糸もオリーブで統一

 

そうなんです!

ここの仕様はM37である

US ARMY

 

_DSC0105.JPG

 

前立て裏にもオリーブの

別布を使用しており

ディテールにぬかりなし。。

 

_DSC0021.JPG

 

フロントにフラップポケット

両方にペン差しがついています

 

_DSC0013.JPG

 

空環仕上げでアクセントになる

レッドカンヌキで補強

 

_DSC0015.JPG

 

写真だとわかりずらいですが

袖は肘の部分を二重にして強度を高めた

ダブルエルボー仕様

 

_DSC0017.JPG

 

襟はスタンダード

 

若干

剣先にむかって

シェイプしていく印象

 

_DSC0061.JPG

 

178cm  Mサイズ

カリスマアゴスカ登場

 

ブルシャンにオリーブにボタンが

最高にマッチング。。

 

カリスマスカさんは

ポストマンチャッカーで合わすことで

シックで大人な印象にも。。

 

_DSC0067.JPG

 

 

DSC_0056.JPG

 

今までJUNKYSTYLEで

数多くの

シャンブレーシャツが発売されました。

 

その中でも

MFらしい遊び心がきいた

万能すぎるブルシャンかと

 

気になった方は

コチラ

 

☆BLUE CHAMBRA☆

 

 

_DSC0102.JPG

 

皆様いかがでしたか!?

 

これから本格的に

秋冬の入荷ラッシュになります。。

 

今のうちにまずは

長袖の支度を。。。

 

ではグットナイト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


モッズコートがいいね!!【BUZZ RICKSON'S TYPE M-65 (NO HOOD)】

JUGEMテーマ:日記+情報

 

_DSC0084.JPG

 

 

 

 

こんにちは最近は年のせいか

お酒のせいなのか・・気付けば

ギターを抱えたまま眠りに堕ちてしまう

 

 

ナベです🐈

 

 

 

残暑もだい落ち着いて少しずつ

涼しさを感じられるようになってきましたね。

 

 

個人的には一番好きな季節。

そしてファッション好きにとっては

「これからが本番」

 

 

いいの入ってます。

コチラ☟

 

_DSC0141.JPG

【BUZZ RICKSON'S】

TYPE M-65 (NO HOOD)

 

 

”M-65”。

名前だけ聞くと皆さまあの

M-65”フィールドジャケット”を

思い浮かべてしまうかとは思いますが

それとは別物。

 

 

馴染みのある名前で言うと

通称”モッズコート”

由来はUKのモッズカルチャーから。

 

 

本来はこれにフードが付くものを

”モッズパーカー”と呼んでいましたが

時代の流れと共にそのような愛称になっています。

 

_DSC0002.JPG

前身となるM-51パーカーからの後継で

1965年から採用となっています。

 

 

初期はタグのネームが

「PARKA,MAN'S,M-65」の表記ですが

 

_DSC0126.JPG

☝今回のはその後の

「PARKA,EXTREME COLD WEATHER」

表記。

 

 

M-51からの変更点はフードが脱着可能になったり

肩に付くエポレットの省略

 

_DSC0136.JPG

内側にはライニングを取り付ける用の

ボタンが配備され脱着が可能な

※今回のモデルにはライニングは付属しません。

 

そのライニングの素材もウールからキルティングへ

変更され、より軽く暖かく変更されました。

 

_DSC0155.JPG

素材もコットンサテンから

コットン50%・ナイロン50%

オックスフォード織りに変更することで

軽量化と、濡れた際の乾きやすさを実現。

などなど。

 

 

ご存知の通り、軍物は兵士の使い勝手を考え

進化していきます。

 

 

_DSC0127.JPG

ZIPPERはバズでしか再現できない

当時と同じ『CROWN』の実名ZIP。

 

_DSC0162.JPG

袖口はストラップで窄めることも可能。

 

_DSC0154.JPG

フラップ付きのポッケは袋型で

ライニングにウール。

 

_DSC0063.JPG

☝モッズコートの特徴の一つとも言える

通称”フィッシュ&チップス”・・いや基

"フィッシュテール"と呼ばれる

この2つに割れたトンガリは

 

U4QzXeEBcUdUcKHF9lDq1600073463-1600073803.gif

☝使わなければ内側に留めることが可能です。

まぁでもこのトンガリが”らしくて”人気みたいですね。

 

_DSC0052.JPG

とにかくシンプルな見た目で

タウンでも使いやすいデザイン!

 

 

本来オーバーコートでシルエットもゆったりめ

しかも今回のモデルはライニングも付いていないので

 

_DSC0026.JPG

中にGジャンやカバーオール、スカジャンや

 

_DSC0017.JPG

革ジャンやダウンなんかの重ね着にGOOD!

 

_DSC0003.JPG

丈も長いので最早ナンデモコイの

最強の”アウトシェル”

 

_DSC0142.JPG

そこまで着込まない時期は

☝このウエストのドローコードで

 

_DSC0082.JPG

キュッと絞ればスッキリシルエットにもなります。

 

U4QzXeEBcUdUcKHF9lDq1600073463-1600073492.gif

ウチの元さん173cmやせ型Sサイズ

中にある程度着込める大きさです。

 

 

もちろんジャンキーのみ

ノンウォッシュです!!

 

 

 

コイツは即戦力!

是非チェックをお忘れなく!!

 

 

通販はコチラから☟

ポチッと。

 

 

それでは皆様のご利用・ご来店を

心よりお待ちしております!!!

 

 

_DSC0074.JPG

ではでは🐈

 

 


日米のコラボ!!珍しいウエスタンシャツが入荷中!! 【ALOHA BY KING SMITH / "7.25oz. L/S SENSUJI WESTERN SHIRT"】

JUGEMテーマ:日記+情報

 

 

 

 

 

 

 

_DSC0041.JPG

 

 

 

 

 

 

こんにちは!遠藤です!

 

 

きょきょっ、今日

ご紹介するのは

コチラ!!!

↓ ↓ ↓

_DSC0008.JPG

ALOHA BY KING SMITH

"7.25oz. L/S SENSUJI

WESTERN SHIRT"

 

 

日本古来の『千筋』と

アメリカの『ウエスタンシャツ』を

組み合わせた珍しいアイテムです!

 

 

 

_DSC0009.JPG

ネームは

aloha by King Smith 

 

アロハシャツの歴史を語る時

必ず名前が挙がるブランドです。

 

アロハというワードを最初に使い、

商標まで取得したという。

 

後世にも輝くアロハシャツを

数々手掛けた伝説のブランドです

 

 

 

_DSC0018.JPG

そんな彼らが生産していたのは

アロハシャツだけではありません。

 

 

農作業用のワークウェアや

オーダーメイドのシャツなども

作っていたそうです

 

 

それも日本から生地を輸入して

いたりもしたみたいですよ

_DSC0012.JPG

千筋』や『万筋』と呼ばれる

縞模様をあしらったデザイン。

 

当時日系人の労働者が多く、

彼らが祖国日本を思いだすことから
愛用されていた生地です。

 

 

 

heroImg-03[1].jpg

千筋や万筋は

三重県の松阪木綿

由来らしく、

江戸時代には東京で流行した

そうです。

 

”遠くから見ると無地だが、 
近くで見ると縞模様である”

というのが当時の江戸っ子には

”粋”だったんですって!

 

 

 

_DSC0001.JPG

その日本の生地が

ウエスタンシャツになる

という驚き。

 

ウエスタンシャツといえば

カウボーイ。

 

ハワイとカウボーイというのも

結びつきづらいかもしれませんが

実在していたんですね〜。

 

 

 

_DSC0028.JPG

元々野菜と魚で生活していた

ハワイの人々ですが、

ヨーロッパ人たちが渡来し

それと共に牛もつれてきました。

 

山間部に放牧をはじめ、

南米から渡って来たカウボーイに

牧畜を教わりました。

 

必然的に彼らのウェアを

調達しなければなりませんから

前述したキングスミスや

おなじみのユニオンサプライなどが

生産に取り組んだ

というわけです。

 

 

 

_DSC0024.JPG

ハワイと言えど

山間部は肌寒く

長袖が重宝されていました。

 

このスナップボタンは

元々のウエスタンシャツの

ディテールではありますが、

寒い地域では

掛けボタンよりも外しやすいので

便利だったことでしょう。

 

 

 

 

 

_DSC0048.JPG

 

確かに遠めで見ると

無地に見えますね!

 

 

 

_DSC0033.JPG

 

近くに寄ると

ストライプが現れてきますね!

 

 

 

_DSC0069.JPG

☝サイドは大きくラウンド

 

 

_DSC0057.JPG

☝緩やかな逆山型の

ウエスタンヨーク

 

 

_DSC0075.JPG

外で見ると

思った以上にブルー。

 

ジャパンブルーです!

 

 

 

 

_DSC0086.JPG

 

ハワイのワークウェアを

突き詰めた貴重な一着。

 

 

我々日本人のルーツであり、

憧れのアメリカンウェアでもあります。

 


言葉足らずですが

とにかくかっこいいです!

 

 

この機会に

ぜひ挑戦してみて下さい!

 

 

 

 

 

価格・通販はコチラ!!

 

 

 

 

 

 

 

皆様のご利用お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上、遠藤がお送りしましたm(.    .)m

 

 

 

 


全国200着限定!!ジャンスタ所縁の”両国”モデルのスカジャンがついにキターーー!!【TAILOR TOYO / VELVETEEN × ACETATE QUILT SOUVENIR JACKET TOYO ENTERPRISE 55th SPECIAL EDITION “RYOGOKU” × “天下泰平”】

JUGEMテーマ:日記+情報

 

 

 

 

 

 

 

_DSC0089.JPG

 

 

 

 

 

残暑厳しい2020年秋。

みなさまいかがお過ごしでしょうか。

 

 

台風も過ぎ去り、

そろそろ気持ち的には秋モード

というところ。

 

 

ジャンキースタイルには

秋冬物の新作が続々届き、

店内が賑やかになってきました。

 

 

 

 

そんな中届いた

スペシャルアイテム

 

みなさまにとっても

我々ジャンキースタイルに

とっても

特別なアイテムです。

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。遠藤です。

 

 

 

 

 

すごいやつ来ちゃいました!

 

 

 

 

 

もうすでにSNS等で

情報解禁されておりますが
本日より全国一斉発売と

なりましたあのアイテムについて

本日ご紹介したいと思います。

 

 

ぜひ最後までご覧下さい!

 

 

 

 

 

 

そのスペシャルアイテムとは

コチラ!!!

↓ ↓ ↓

_DSC0023.JPG

 

TAILOR TOYO

VELVETEEN × ACETATE QUILT

SOUVENIR JACKET

TOYO ENTERPRISE

55th SPECIAL EDITION

RYOGOKU” × “天下泰平

 

 

 

 

独特のオーラを放つこのスカジャン。

 

 

それもそのはず、

東洋エンタープライズ

創業55周年を記念して

製作されたスペシャルスカジャンです!

 

 

 

 

_DSC0083.JPG

今回スカジャンの

モチーフに選ばれたのは

相撲の街『両国です。

 

なぜ両国か

 

何を隠そう、

東洋エンタープライズが

拠点を構える街だからです。

 

55周年という節目で

ついに我が街両国モデルを

作ってしまったんですね〜。

 

 

 

けど、

それだけではないんですね〜。

 

 

 

両国と言えば、、、

access-kokugikan_main001.jpg

両国国技館

 

街のシンボルですよね!

 

相撲だけでなく、格闘技や

アイドルのライブ、

ロボットの世界選手権も開催されています。

 

 

それもそうなんですが、

もう一つ忘れてはならないのが、

そうです、
_DSC0002.JPG

ジャンキースタイルです!

 

 

両国で創業して25年を迎えます。

スタッフ一同下町のゆったりとした

空気感に癒されております。

 

それこそ良くお相撲さんが

自転車で移動しているのを見かけますが

今では当たり前の光景です。笑

 

 

 

そんな愛すべき両国の街

を描いたスカジャンだけに

気合が入ります!

 

 

 

_DSC0033.JPG

やっと本題のアイテムの

詳細に関してご説明します!

 

 

まずは、こちらの

黒別珍面

 

 

 

_DSC0036.JPG

まず構図が素晴らしい

 

 

富士山という

定番のモチーフに並び、

_DSC0109.JPG

両国国技館櫓(やぐら)

幟(のぼり)うまくまとまっています

 

古さと新しさの融合が

非常にマッチしています。

 

 

 

_DSC0116.JPG

そして、刺繍の色合い

ここは今回のスカジャンで

特筆すべき点かもしれません

 

 

 

今までのテーラー東洋の

スカジャンでは見たことの無い色合い。

 

 

実は、

今回の為に
糸の色を別注しているのです

 

 

 

_DSC0106.JPG

そういうことだったのです。

テーラー東洋のスカジャンを

長らく愛用している方なら

お気づきだったかもしれませんね。

 

」や「黄色」という

一言では表現できない

微妙な色合い。

 

しかもかなりの色数

使っています。

 

 

 

_DSC0113.JPG

しかも

光沢感がいつもより強め

 

真っ黒な別珍生地も相まって

まるで闇から浮かび上がっている

ように見えます

 

 

 

_DSC0007.JPG

 

_DSC0021.JPG_DSC0015.JPG

フロント右胸には

富士と松のモチーフ

 

左胸には

相撲にちなんで、

軍配が刺繍されています。

 

 

 

_DSC0019.JPG

_DSC0119.JPG

リバーシブル面にも

中央に大きな軍配を配しています。

 

 

この軍配は

相撲の試合を取り仕切る

行司さんが使う道具の一つです

 

 

注目していただきたいのは

天下泰平の文字

ではなく、

房の色です。

 

 

 

_DSC0033.JPG

総紫

 

行司の最高位、立行司の

木村庄之助が授かる軍配の房の

色です。

かなり格式高いですね。

 

そこまで再現しています。

 

 


▷大一番、最後の取り組みで

任される木村庄之助。

現在は席が空いているようで

これからはじまる両国場所では

見られないかも。

 

 

_DSC0037.JPG

 

zDcg8AhTF80hMkd24VoS1599821951-1599821967.gif

1965年〜2020

東洋エンタープライズが

駆け抜けた年月。

 

この数字が刺繍されている以上

完全に今回限りのモデル

二度と作れないんですね〜。

 

 

 

_DSC0004.JPG

_DSC0010.JPG

フロントにも軍配。

なかなかスカジャンで

漢字が刺繍されること

ないですからね〜。

それだけでもレアです。

 

 

 

 

 

 

 

ーーーせっかくならーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

_DSC0093.JPG

 

ということで、

当店から歩いてすぐの

両国国技館来ちゃいました!

 

 

 

_DSC0058.JPG

 

 

_DSC0066.JPG

幟りのカラフルさ。

実際に見ると

思った以上にビビットでした!

 

 

 

_DSC0038.JPG

うん。遜色無い。

 

というより、

幟りに書かれている文字...。

港商商会?

祝五十五周年?

大鵬関?

 

やることが細かい!

 

 

 

_DSC0073.JPG

青い空と白い雲

そんな清々しいボディカラーです!

 

 

 

_DSC0080.JPG

来る明後日9/13(日)から

大相撲9月場所が

ここ両国国技館で執り行われます

 

どんな熱戦が繰り広げられるのか

要注目です!

 

 

 

 

_DSC0132.JPG

忘れてはならないのが

東洋エンタープライズの前身が

スカジャンを作る会社であったということ

 

今でもスカジャンにかける思いは

並々ならぬものがあります

 

日本屈指の技術力を誇る

テーラー東洋によって

生み出された

スーパースペシャルスカジャン

 

 

 

ここまでブログを読んでいただいて

いざ買おう!

と思っても、

もう手遅れかもしれない...。

 

 

なぜなら、

_DSC0104.JPG

全国限定200着のみ

生産だからです!

 

こりゃ驚いた!

 

これは競争率高いぞ!

 

 

 

_DSC0085.JPG

もうすでに発売中。

 

しかし、

予約も多く、

店頭に並ぶのは

極少数

 

 

 

通販にも掲載済みですので

全国どこでも購入可能です!

(しかも税抜き1万円以上なので

今なら送料無料ですよ!)

 

 

価格・通販はコチラ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

将来何十年と時を経て、

 

2020年てこんな年だったなあと

 

思いを馳せる大切な一着に

 

なることでしょう...。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆様のご利用お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

_DSC0097.JPG

両国へおいでやす〜。BY げん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上、遠藤がお送りしましたm(:    :)m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


1910年代のデニムトラウザーがウエアハウスから登場!!【WAREHOUSE / Lot 1206 USN UTILITY DENIM PANTS】

JUGEMテーマ:日記+情報

 

 

 

 

_DSC0121.JPG

 

 

 

 

 

 

こんにちは!遠藤です!

 

 

観てきました!

mid 90's!

 

ドンピシャハマりました!

音楽・ファッション・空気感

大好きです!

最後は、なぜか泣けました...。

 

次はTENET観に行きます!

 

 

 

ということで、

本日ご紹介するのは

コチラ!!!

↓ ↓ ↓

_DSC0126.JPG

WAREHOUSE

Lot 1206

"USN UTILITY DENIM PANTS"

 

1910年代に海軍で採用された

ユーティリティーパンツになります。

 

 

_DSC0063.JPG

ボタンフライは

ボタンフライなのですが、

 

_DSC0067.JPG

トップボタンの取り付けが

裏側なのです。びっくり!

 

 

 

びっくりと言えば、

_DSC0054.JPG

この時代でベルトループ

が付いています

 

この時代主流は

サスペンダーですからね〜。

 

 

それにしても

かなり幅が細いですね〜。

 

 

 

_DSC0074.JPG

☝ちなみにフロントのボタンは

黒ラッカー塗装なので

使えば使うほどアジ出てきます!

 

 

 

_DSC0078.JPG_DSC0080.JPG

前立て裏には

セルヴィッジ

配されています!

 

 

 

_DSC0092.JPG

フロントパチポケのデザインは、

入り口は斜めにカットされ、

下部の角が落とされている

というものです。

 

 

 

_DSC0052.JPG

ちょっと下に設けられています。

 

 

 

_DSC0015.JPG

バックが特にかっこいいんです!

 

 

 

_DSC0020.JPG

片ポケ...。

_DSC0024.JPG

10年代が最後と言われる仕様。

レアです。

 

 

 

_DSC0032.JPG

そしてシンチバック

 

_DSC0112.JPG

最近紹介した

Lot DD-1004(1922 MODEL)

と同じ仕様。

”SOLIDE”と刻まれています。

 

 

 

_DSC0088.JPG

ウエスト部分に開いた穴、

これは”眠り穴”と呼ばれるもので

当時洗濯紐を通すために

使われていたそうです!

 

 

_DSC0117.JPG

☝これはセットアップとなる同じ年代の

DENIM PULLOVER JACKET

同じ仕様です。こんな風に使います。

 

 

 

_DSC0097.JPG

そして、

古さが窺い知れるサイドにシーム(縫い)のない

俗に言う”巻きパン”タイプ。

 

 

 

_DSC0122.JPG

裾を裏返すと、

ネームステンシルが。

 

この個体の所有者の名前でしょうか。

 

 

 

 

 

 

∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞

 

 

 

 

 

 

 

_DSC0015.JPG

かなり古い年代なので

もっと極太で野暮ったいのかなと

思ったらそんなことありません!

 

 

 

_DSC0023.JPG

やや太で

メチャクチャはきやすい!
 

 

☝チラ見えステンシルやばめ(*´з`)

 

 

 

 

_DSC0038.JPG

☝やっぱりアウトシームに

接ぎはありませんね!

 

 

 

_DSC0007.JPG

(178cm ノンウォッシュ29)

 

レングスはそんなに長くないので

ナマからガンガン穿くのもオーケー!

 

ライトオンスだし、

今の時期でもそんなに暑くありません!

 

 

 

 

 

 

_DSC0009.JPG

☝ぜひセットアップで!

 

サスペンダーボタンは

省略され、

シンチバックに

ベルトループが採用された

という1910年代としては

実に珍しい仕様です

 

 

プルオーバージャケットを

お持ちの方は

否が応でも欲しくなるやつ!

 

 

 

 

 

 

》価格・通販はコチラ!!《

UTILITY DENIM PANTS

PULLOVER JACKET

 

 

 

 

 

 

皆様のご利用お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

_DSC0025.JPG

 

 

 

 

 

 

以上、遠藤がお送りしましたm(-   -)m

 

 

 

 

 

 

 

 

 


| 1/4PAGES | >>

RECENT ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

SEARCH THIS SITE.