げんちゃんブログ!【 USN DENIM DECK JACKET OR】

JUGEMテーマ:日記+情報

_DSC0098.JPG

 

どうもげんちゃんです!

 

皆様

インスタグラムで配信されました

25周年スペシャルムービー

ご覧になりましたでしょうか!?

 

ご覧になっていない方

損しちゃいますよ!!

 

私は100回近く見ました!

改めて

JUNKYSTYLEの一スタッフとして

未熟者ですが

働けてることに責任と感謝を忘れず

勤めて参りたいなと、、

 

あれなんか今日まじめじゃない!?

色々とあるんです、、(笑)

 

さあ本日ご紹介するのは

昨日紹介した

USNプルオーバーの

あとの年代に着用されていた

JACKET

 

_DSC0044.JPG

 

WAREHOUSE & CO.

Lot 2142 USN

DENIM DECK JACKET OR

 

「USNAVYのヘチマ襟」といわれ

最もポピュラーである

ワーキングジャケット

 

ダンガリージャンパーなんて

言い方もしますね!

 

昨日カリスマイケメンナベさんが

ご紹介したUSNプルオーバーを

見ていない方は是非そちらから

ご覧になった方がより

魅力がわかるかと!?

クリック

 

_DSC0055.JPG

 

プルオーバーは

第一次世界大戦に

採用されていましたが

 

今回のフルオープンは

第二次世界大戦前後から
着用されていたもの

 

米軍ではアーミーでもネイビーでも

「プルオーバー」から「フルオープン」

にワーキングジャケットは移行してます

 

年代で言うと

 40年代〜50年代が主流ですが

今回のは30年代後半

初期モデルです!

 

今まで数多くのブランドが

サンプリングしておりますが

さすがWAREHOUSEの

仕様になってます!

 

_DSC0010.JPG

 

8番×10番(2/1綾)

ライトオンス

 

肌寒い時の出番が増えるヤツ

なんなら今の時期こそ

 

_DSC0028.JPG

 

襟は海軍の

ワーキングジャケット代名詞

ショールカラー

 

この丸みのある感じが

今となってはオシャレですよね!

 

_DSC0006.JPG

 

_DSC0023.JPG

 

鉄のチェンジボタン

 

着脱性を高めたことがうかがえますね

 

_DSC0026.JPG

 

前立て裏はミミ付き

 

_DSC0004.JPG

 

第三ボタンまでは

同生地でショールの補強がされてます

このことから

プルオーバーのなごりを少し感じますね

 

これも初期でしか見られない仕様です!

 

_DSC0015.JPG

 

フルオープンでは

カフス裏にミミはつかず

ボタンも省略されてます

 

_DSC0039.JPG

 

(手前フルオープン、後プルオーバー)

 

袖〜肩の取り付けも

プルオーバーとは違い

主流の袖側に巻き込む縫製になっています

 

もちろん

全てシングルステッチ(本縫い)で

縫製されてます

 

袖は布地の方向がヨコ使いされており

これも後期には無い仕様

 

_DSC0020.JPG

 

両サイド(ポケット下辺り)に”眠り穴”

これは、洗濯後の吊り干し用

 

ナベさんがわかりやすく紹介してます!

是非そちらを!

 

_DSC0016.JPG

 

裾裏には個々を判別するためのネーム

ステンシルで施されてます

 

_DSC0033.JPG

 

大きめなパチポケ

 

_DSC0068.JPG

 

175cm サイズ38

 

_DSC0074.JPG

 

言うまでもなく

雰囲気抜群です!!

 

もしこの年代のDEADSTOCKの

VINTAGEが発見されたら

ものすごい金額になるかと

 

_DSC0090.JPG

 

フルーオープンだと

色んな着こなしができるのも魅力の一つ

夏以外ほぼ通年着用できるかと

 

チェンジボタンがまたかっこいい

 

私は女性の体と心をフルオープンにしたい

そんな思いでブログを書いてます!

 

_DSC0093.JPG

 

ショールカラーは

どこか優しく柔らかい印象を

与えてくれますね

 

アメカジ、古着好き、女性好きは

間違いなく必須アイテムです!

 

もちろんJUNKYSTYLE

NONWASH

 

DEADSTOCKの感覚で

お楽しみください!

 

気になった方は

コチラ

 

買います

 

_DSC0054.JPG

 

皆様いかがでしたか!?

 

なぜこの時期にと

思った方いるのでは!?

 

全然今時期で

着れちゃいます!

 

育てるデニムを一着

増やしては!?

 

げんちゃんでした!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 


USNデニムプルオーバージャケット!!【WARE HOUSE USN DENIM PULLOVER JACKET】

JUGEMテーマ:日記+情報

 

_DSC0001.JPG

USNデニムプルオーバージャケット!!

 

 

 

 

おこんにちはナベです🐈

 

 

 

梅雨空の一時。

いかがお過ごしでしょうか。

 

 

 

コロナの影響でジム通いを辞めてしまった私は

使いたくはない言葉ですが”コロナ太り”

の対処法をあれこれ模索中です。

せっかく買ったクロスバイ擬きもこの雨続きで・・。

 

 

 

さて。

そんな運動の大敵(怒)梅雨。

朝晩はサブかったり。

 

 

 

サブい日のお供のために新入荷です☟

 

_DSC0008.JPG

【WARE HOUSE】

USN

DENIM PULLOVER JACKET

 

 

WW(第一次大戦)中に

USN/米海軍で正式に採用されていたジャケット。

 

 

_DSC0122.JPG

かのヴィンテージキング、ラリーの本でも

紹介されている

 

_DSC0123.JPG

1910年代には採用されていたモデル。

 

 

この後の30年代から採用された

 

_DSC0002.JPG

☝コチラのフルオープン&チェンジボタン仕様は

よくお目にかかりますが、今回のプルオーバータイプは

鬼レア過ぎて実物はそうそう目にする機会がありません。

 

 

_DSC0017.JPG

襟はショールカラー

ボタンもフックもレースもなく

ザックリと被るだけのフロントは

 

_DSC0010.JPG

同デニム生地で補強され

 

_DSC0014.JPG

☝特に負荷のかかりそうな縁にはカン留めがなされ

しっかりと強度が保たれています。

 

_DSC0013.JPG

同年代のワークジャケット同様

全てシングルステッチ(本縫い)で

縫製されているのもこの年代ならでは。

 

_DSC0004.JPG

以降では廃止される袖のカフス(セルビッチ付き)には

 

_DSC0034.JPG

黒塗りのメタルボタンが付き

更に、面白いことに袖は

 

_DSC0026.JPG

通常縦使いする生地を”横使い”にしているので

 

_DSC0038.JPG

ナマの状態で見ても、独特の織りの縞模様や

皺が出ています。

これ、ヴィンテージで実際に使われている仕様。

 

 

なので色落ちすると

 

20190208_3ec476.jpg

 ※コチラはヴィンテージの写真

 

☝こんな”アタリ”が生まれることでしょう・・

・・鬼ハチノス。しかも独特 汗

 

 

_DSC0056.JPG

☝細かいですが袖〜肩の取り付けも

ボディ側に巻き込むあまり見かけない方法。(普通逆が殆ど)

 

 

_DSC0078.JPG

シンプルな2ポケットは、サイドの縫製を

はみ出る程外側に取り付けられています。

これ、パンツも古いのは同じなのですが

なんでだろ・・ご存知の方はご一報下さい。

 

 

でも、ポケットにもその分サイドの巻き縫いの

アタリが出て、それはそれでいいかも・・

とか思ってしまう私は

 

 

そうですデニムバカです・・(:_;)

 

_DSC0092.JPG

裾裏には個々を判別するためのネーム

ステンシルで施され

 

_DSC0029.JPG

両サイド(ポケット下辺り)に”眠り穴”と言われる

ホールがあります。

これは、洗濯後の吊り干し用。

 

_DSC0117.JPG

☝こんなイメージですかね。

よく乾きそっス!こうしてみると

 

_DSC0120.JPG

☝このステンシルの位置・・なるほどですね。

 

 

_DSC0026.JPG

プルオーバーの割にスッキリとしたシルエット。

 

_DSC0050.JPG

シンプルさ故に目が行くネック。

カリ店(カリスマ店長)の様に中に白TEEなんかGOOD!

ボーダーなんかも良いかもです。

 

_DSC0054.JPG

ショールの感じも

 

_DSC0040.JPG

オシャンティ!

 

 

ライトオンスデニムなのでジャケットと言うより

シャツ感覚で着れるので

この時期の”肌寒さ対策”にモッテコイっす!!

 

 

気になった方はコチラから☟

☆通販ページへ☆

 

 

皆様のご利用・ご来店

心よりお待ちしております!!

 

 

_DSC0019.JPG

 

 

ではでは🐈

 

 

 

 


バードウェルの新作ナイロントートが入荷中!!【BIRDWELL / CLASSIC NYLON TOTE】

JUGEMテーマ:日記+情報

 

 

 

 

 

_DSC0011.JPG

 

 

 

 

こんにちは!遠藤です!

 

 

いつのまにか7月に入りました。

 

2020年も残り半分。

 

前半戦はなかなかやりたいことが

できなかった方も多いと思うので

後半戦は思う存分やりたいこと

やりましょう!

 

 

 

 

さてさて、

これからが夏本番!

 

普段から夏気分を楽しみたい方に

オススメのバッグが入荷しました!

 

それが

コチラ!!!

↓ ↓ ↓

_DSC0019.JPG

BIRDWELL

"CLASSIC NYLON TOTE"

 

 

 

_DSC0084.JPG

 

海やレジャーだけでなく、

タウンユースにももってこいの

ナイロントートバッグです!

 

 

 

_DSC0047.JPG

ナイロン製なので

軽量で水にも強いのが嬉しいです!

 

 

7月から始まった

コンビニレジ袋の有料化。

バッグ持参が増えてますからね~。

ちょっと贅沢なエコバッグ

としても使えますよ!

 

 

 

_DSC0058.JPG

とは言っても

エコバッグとしてのみ使うのは

非常にもったいない!

 

 

今のところ

柄・色合いの良さしか

伝わっていないかもしれませんが、

実は機能面もピカイチです!

 

 

 

_DSC0089.JPG

背側を見てみると、

フラップ付きポケットが

配されています!

 

 

 

_DSC0093.JPG

こういった

ミニ収納が助かるんですよね!

 

大口に荷物を一気に入れちゃうと、

取り出すのが面倒ですからね。

 

 

 

_DSC0066.JPG

もちろんそれだけでなく、

バッグを裏返すと、

 

 

_DSC0068.JPG

ポケットが2つも付いています!

ありがたい!

 

スマホ定期入など、

すぐ取り出したいものが

いいですよね!

 

 

 

_DSC0073.JPG

その上には細ロープが。

これは、

キーホルダーとして使えます!

超便利です!

 

完全にエコバックだけにしておくのは

もったいないですね!

 

 

 

_DSC0064.JPG

反対の面には

なんと...

 

_DSC0065.JPG

カラビナが!

 

こっちもキーホルダーなど、

活用はさまざま!

 

見た目に反して

メチャクチャ機能的です!

(失礼?)

 

 

 

 

_DSC0078.JPG

MADE IN SANTA ANA

 

 

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

[CAMOUFLAGE]

_DSC0004.JPG

コチラただのトートではなく、

 

 

_DSC0027.JPG

ショルダー付きの

2WAY仕様なのです!

 

使う人のことを

ちゃんと考えた設計です!

 

 

 

 

[NAVY]

_DSC0044.JPG

マチも広くて容量たっぷり!

最高!

 

 

 

_DSC0055.JPG

まさしく、

アロハなどの夏のファッション

にピタ〜リ。

 

 

 

 

_DSC0047.JPG

バードウェルの

キャップやボードショーツを

お持ちの方は必須アイテムです!(笑)

 

 

もうそれぞれ、

数個しかないので

少しでも気になった方は

お早めに!

 

 

 

 

》価格・通販はコチラから!!《

CAMOUFLAGE

NAVY

 

 

 

 

 

 

皆様のご利用お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上、遠藤がお送りしましたm(  0    0  )m

 

 

 

 

 

 


ウエアハウスのミリタリーキャップ&ハットが熱い!!【WAREHOUSE / Lot 5200 ARMY HAT (HERRINGBONE) & Lot 5226 USN EXPERIMENTAL HERRINGBONE CAP】

JUGEMテーマ:日記+情報

 

 

 

_DSC0168.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは!遠藤です!

 

 

 

先週末発売した

別注サンダルが大好評!

 

残り数足に!

まだ手に入れてない方は

お早めに!

通販ページへ!

 

 

 

そんなわけで

本日ご紹介するのは

コチラ!!!

↓ ↓ ↓

_DSC0102.JPG

WAREHOUSE

MILITARY CAP & HAT

 

ウエアハウスから

夏のファッションにピッタリの

本格ミリタリーキャップとハットが

届いたのでご紹介します。

 

 

 

 

まずは、

_DSC0015.JPG

Lot 5200 ARMY HAT

”HERRINGBONE”

 

 

今や大人気のアーミーハット。

使用されている生地が

ムラの強いネップ感が特徴の

ヘリンボーン

 

 

_DSC0079.JPG

力織機で織られた生地は

しなやかで丈夫

 

使い込んでから真価が発揮されます。

 

 

 

_DSC0078.JPG

これを帽子工場ではなく、

ワークウェアを縫う工場で

製作しているというのがミソ。

 

それによって

リアルな表情を見せる

我々好みのアジが出てくるのです

 

 

 

_DSC0093.JPG

接ぎは4枚

6枚接ぎはよくありますが。

 

そこを復刻するのが

ウエアハウスらしいですね。

 

 

 

_DSC0095.JPG

バイアステープは

生成りのヘリンボーン

 

 

 

_DSC0087.JPG

接ぎごとに一つ付く

ベンチレーション

蒸れ防止に役立ちます。

帽子だけに...

 

 

 

_DSC0001.JPG

ミリタリーしすぎず、

アウトドア感やシティ感など

がにじみ出る

オールラウンドなハット。

 

 

 

_DSC0023.JPG

楕円のシルエットなので

被り方で印象は様変わり。

 

☝げんちゃんは横長で被っています。

 

 

 

_DSC0009.JPG

ラフなファッションにも

違和感なくハマります!

 

 

 

私はこの生地のパンツ持ってますが、

陽に当たったり、洗いを繰り返す事で

目に見える変化が生まれるので

かなり育てがいがあって大好きな生地です!

 

 

 

パンツとのセットアップなんて

渋カッコイイですよ!

 

 

 

 

価格・通販はコチラから!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーNEXTーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

_DSC0007.JPG

Lot 5226

"USN EXPERIMENTAL

HERRINGBONE CAP"

 

 

1940年代に作られたとされる

USNのキャップ。

ただの〜キャップじゃないんです。

 

 

 

_DSC0019.JPG

 

_DSC0031.JPG

 

EXPXERIMENTAL GARMENT

いわゆるテストサンプルものです。

 

これは興奮ものですね〜。

陽の目を浴びることの

なかったアイテムですからね〜。

 

US NAVYにおける被服開発機関であった

『RESEARCH & DEVELOPMENT CLOTHING

SUPPLY OFFICE』発行のラベルが

この開発機関でテスト製作された

全てのサンプルに縫い付けられていたとのこと。

 

 

 

_DSC0035.JPG

左の方には

イエローのペンキで

タイプ名である『BA-3

とプリントされています。

(手書き?)

 

 

_DSC0043.JPG

大戦時のフライングヘルメットをもとに

作製したと思われるクラウン部分。

 

 

 

_DSC0057.JPG

4枚の接ぎを繋ぎ合わせて
形作っています。

 

 

 

_DSC0052.JPG

コントラスト強めの

ヘリンボーン生地

 

それをバイアスに使用

 

 

 

_DSC0062.JPG

芯無しで少しスクエア型のバイザー

そして長め。

ちょっと不思議な形ですね。

 

 

 

これはどう被りましょうか?

 

 

こうです。

 

 

 

 

_DSC0160.JPG

まずは

バイザーを内側に曲げた

バージョン

 

やっぱりこれは被りやすい!

 

 

 

次は、

_DSC0143.JPG

バイザーをクルっと巻いたバージョン

ちょっと上級者向けですが、

ジャンキースタイルでは一般的。

 

にしても流線形のヘッドデザインが

かっちょいいですね〜。

 

 

 

_DSC0123.JPG

バイザーが長い分日除けにも

なるので嬉しい仕様ですね!

 

 

 

_DSC0037.JPG

 

と〜ってもレアで

マニアックなアイテムです

 

テストサンプルマニアは

黙ってられないでしょう

 

 

 

 

 

 

価格・通販はコチラから!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

_DSC0138.JPG

 

いかがでしたでしょうか?

 

デニム生地のキャップは

持っている方多いと思うので、

ヘリンボーン生地の

キャップ&ハットを手に入れて

コーディネイトの幅を広げましょう!

 

 

 

 

 

 

皆様のご利用・ご来店

お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上、遠藤がお送りしましたm(6   6)m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


げんちゃんブログ!【新作 STETSON PANAMA HAT 】

_DSC0085.JPG

 

どうもげんちゃんです!

 

最近一人でするときは

(何をするの?と思った方

げんちゃんと言えば)

 

今までは利き手の右手を

使ってましたが

左手でしてみたところ

これがまた

「きもてぃ~」ということを

発見しました!!

 

あっあと

人差し指と親指でするのも

「きもてぃ~」でした!

 

右手に携帯

左手にリトル青山

 

これが私の

至福のひと時です!

本日紹介するのは

夏のファッションには

マストなアイテムです!

 

見逃しちゃだめよ♥

 

_DSC0070.JPG

 

STETSON

WHIPPET PANAMA G3 SE523

 

現在でもウエスタンハットの

代名詞的ブランドとして

カウボーイ達から絶大なる支持を

得ているSTETSON

 

1865年創業の150年以上

歴史を誇るSTETSON

 

アメリカではもちろんですが

HAT界の中でも

アイコン的な存在で

多くの著名人をはじめ

世界で最も知られている

HATブランドといっていいでしょう!

 

わかりやすとこでは

ジョニーデップや

木村拓哉愛用してますね!

 

トキヤ草

 

少しパナマハットの歴史を話すと

 

エクアドルが起源の帽子
 

歴史は数世紀前までに遡り

エクアドルの人々が赤道付近の太陽光から

頭部を守るため被っていた

トキヤ草の帽子に端を発します

 

エクアドル人の編師が昔ながらの技術

完全に手作りしたものであり

エクアドルの高地や

海岸沿いで生まれました

 

現在

パナマハット製造の

後継者問題が浮上

現在の若者たちには、

手間暇の掛かる

伝統工芸の世界にあえて

従事したくないという

風潮が芽生えている

 

パナマハットの編み込み

 

均等な素材ではない為

機械で編む事ができません
パナマハット製作は、

全て職人の手作業で行われます

 

帽子の編み込みは

草の太さによって

1週間から数か月に及びます
素材が細く、本数が多くなる程

密度も細かくなり

耐久性も上がります

 

祥地の熟練職人が

手掛ける上質さに加え

エクアドルの文化的財産としての

価値を持つパナマハットは

そのかけがえのない

アイデンティティと共に

世界中で愛されています。

 

 

_DSC0012.JPG

 

NATURAL

 

ちなみにナチュラルは入荷後

即完売しておりましたが

本日奇跡の再入荷です!

 

見てるだけでも

かっこよさや雰囲気

大人、色気といったワードが

思い浮かぶかと!

 

_DSC0016.JPG

 

BLACK 

 

一般的にナチュラルが

定番化してますが

BLACKならでは雰囲気や

シックなかっこよさがあります!

 

_DSC0068.JPG

 

今回大きく違うのが

何と言ってもリボンの太さ

形やサイズ感は去年の物と

一緒です!

 

私個人的には

リボンが細い方が

全体で見た時の印象が

スマートでエレガントさが

あるかなと、、

 

_DSC0025.JPG

 

このさりげないリボンが

大人なんです、、

 

ブラックは

リボンなども全て

オールブラックで

かっこいいですよ!!

 

_DSC0029.JPG

 

つば先のグログランリボンが

アクセントになり

 

つばのよれや変形を

防いでくれます!

 

_DSC0050.JPG

 

つば広でクラウンもやや高めという

全体に大振りなシルエット

 

_DSC0056.JPG

 

フラットなつばと幅のあるクラウンが

すっきり品よく見せています

 

やはりクラウンは高めの方が

高級感やクラシック感があり

見る者を魅了します!

 

_DSC0052.JPG

 

TOPのへこみも深くはないので

日本人の頭型にも合わせやすく
しっかりかぶれて安定感があります

 

_DSC0039.JPG

 

内張のテープはレーヨン素材

着用時に一切のストレスを

感じさせません

 

_DSC0032.JPG

 

内側にはエクアドル産

の焼印入り!

本物の証

 

_DSC0040.JPG

 

そしてタグ部分のテープを

めくってあげると

アジャスターテープ付き!

 

マジックテープで簡単に

調節可能なんです!

 

_DSC0008.JPG

 

NATURAL サイズ 59cm

 

実はかなりのHAT好き

ナチュラルを購入!

 

_DSC0010.JPG

 

ハイクラウンなので下を向いたときも

形がきれいでどの角度からも

高級感や重厚感があります!

 

_DSC0020.JPG

 

いや~アロハシャツとの

相性は間違いなく

毎日ヤれるレベルです!

(何が!?)

 

_DSC0023.JPG

 

BLACK 59cm

 

ブラックも買おうか迷い中

本日は顔が近い着用画像なので

照れちゃう♥

 

_DSC0025.JPG

 

ブリムが長くフラットなのも

デザイン性はもちろんですが

暑い日差しには重宝するかと!?

 

_DSC0034.JPG

 

最近髪がのびてきました

今のばし中です!

 

3年前はへそぐらいまであったんです

 

_DSC0038.JPG

 

この写真で何をしているかは

察してください!

 

私は

パナマハットが

必要不可欠説

だと宣言します!!

 

コーディネートはもちろん

ファッションに

大人な

アクセントはいかが!?

 

気になった方は

コチラ

 

☆NATURAL

☆BLACK

 

_DSC0083.JPG

 

皆様 

いかがでしたか!?

 

STETSONの本物のHAT

しかも今年はあるウイルスによて

エクアドル産のPANAMAが

入荷困難と言われたなかの入荷です!

 

シンプルに

買いではないでしょうか!?

 

もちろん

在庫に限りあり!

 

マストアイテム

手に入れろ!

 

げんちゃんでした!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 


| 1/19PAGES | >>

RECENT ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

SEARCH THIS SITE.