約100年前という衝撃!!ウエアハウスの1922モデルが、ジャンスタナマ別注で、明日発売!!【JUNKY STYLE×WARE HOUSE "Lot DD-1004(1922 MODEL) NON WASH"】

JUGEMテーマ:日記+情報

 

 

 

 

 

 

 


_DSC0052.JPG

 

 

 

 

 

こんにちは!遠藤です!

 

 

 

もう9月入りまして、

今月はずっと楽しみにしていた

映画がやっと公開になります。

それが、

『mid 90's』

という90年代のアメリカを描いた映画で、

当時のカルチャーが色濃く残る作品です。

 

私は90年代のラップが好きで

映画内でたくさん流れるということで

楽しみにしています。

内容は、まだあどけない少年が

年上の不良たちと絡んで

スケボーしたり、危ない事をしたりと

青春を謳歌するというもの。

(説明下手ですみません。)

前評判も良く、青春映画にグッとくる

私にぴったりかなと思います!

 

 

90年代というとすでに2,30年も前なので

かなり昔に感じてしまいます。

 

 

今日ご紹介するのは

それよりもずっと前の

1920年代に発売されたモデル

 

 

みなさんその頃何していましたか?(笑)

 

 

まだ自分のおばあちゃんすら生まれていません。

 

 

古すぎて想像ができませんね。

 

 

そんな時代に生まれたジーンズ、

一体どんなものなのか。

 

早速見ていきましょう!

 

 

 

 

 

コチラです!!!

↓ ↓ ↓

_DSC0060.JPG

JUNKY STYLE×WARE HOUSE

"Lot DD-1004(1922 MODEL) "

NON WASH

 

 

あのビッグブランド、リー○イスが

1922年に発売したとされるモデル。

 

上の写真を見ると、

いつも付いていた”アレ”が

今回のモデルには付いていませんね。

お気づきでしょうか?

 

 

 

_DSC0035.JPG

その通り!

赤タブが省略されているのです。

 

前回の37モデルをご紹介

したときにも説明しましたが、

赤タブが採用されるのは

1936年からになります

 

 

 

また、

その逆で

37モデル以降に無くて

このモデルまで存在している

仕様があります。

それは何でしょう?

(正確にはこのモデルまで

飛び出ていたものが37以降隠れます。)

_DSC0029.JPG

正解は、

_DSC0106.JPG

バックポケットの

剥き出しリベットです!

 

ポケットの補強用でしたが、

馬の鞍を傷つけるということで

1937年以降隠しリベットという

仕様に変更となりました。

 

 

労働者だけでなく、

カウボーイも着用するようになった

という時代なのでしょうね〜

 

 

 

_DSC0084.JPG

そしてこの時代は

まだサスペンダーボタン

設けられていた時代です。

(1937モデルから無くなります。)

 

 

 

_DSC0049.JPG

むしろ1922年以前は

ベルトループがありませんでした

 

なのでこのモデルは

サスペンダーボタン

シンチバック

ベルトループ

の三つが揃ったとても贅沢な

モデルなのです

 

今じゃ当たり前のベルトループは

この頃からだったんだ〜

 

 

 

_DSC0004.JPG

☝ちなみにベルトループには

ライトオンスデニムを使用しています。

 

 

 

_DSC0072.JPG

 

 

_DSC0076.JPG

37モデル同様

股のリベット留めは健在です。

 

 

 

_DSC0089.JPG

前立て裏はロック処理が

されていません

 

 

あれ?よく見るVステッチは

まったくVじゃないですね。笑

 

 

 

_DSC0080.JPG

コインポケット位置は高め。

 

 

 

_DSC0062.JPG

内側にはセルヴィッジ

隠れています。

 

 

 

_DSC0024.JPG

_DSC0002.JPG

バックポケットの飾りステッチは

中央でクロスしていない

カモメステッチになっています。

(大戦前まで継続。)

 

 

 

_DSC0043.JPG

バックセンターの縫製は

右高仕様。

 

 

_DSC0006.JPG

☝37モデル以降は

左高仕様に変わります。

 

縫製技術の違いでしょうか。

 

せっかくならここまで

気にしておきましょう!

 

 

 

 

_DSC0114.JPG

ちなみに

シンチバックは

滑り止め無しの

SOLIDE刻印入り

という仕様。

かなり忠実に再現されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

_DSC0015.JPG

(178cm ノンウォッシュ28)

 

今回も特別に

ジャンキースタイルだけの

ノンウォッシュ別注でございます。

 

 

 

普段30インチの遠藤は

このサイズでちょうど良い感じ。

ということはウエストで

約2インチの縮みがでるということか!

(大根役者。)

ご参考に!

 

 

 

_DSC0024.JPG

 

_DSC0021.JPG

☝表はオールオレンジステッチ

 

_DSC0012.JPG

 

股上浅めで

テーパーのかかってない

やや太めシルエットです。

 

 

 

_DSC0042.JPG

せっかくサスペンダーボタンがあるなら

サスペンダーと合わせたいですよね!

 

 

 

_DSC0008.JPG

潔く何もつけない、

バックルで締めるだけ!

というのもカッコイイです!

 

 

 

_DSC0063.JPG

 

このように様々な合わせ方で

楽しめるのは

”1922モデルならでは”

と言えるでしょう!

 

 

 

 

_DSC0017.JPG

 

もしオリジナルが

こんな状態で見つかったら...

◯百万円?

 

 

もはやヴィンテージではなく、

アンティークと言っても

過言じゃありません

 

 

 

 

 

 

_DSC0109.JPG

ブランドタグが新しい

土を掘り起こして見つかった

感じがこのモデルにピッタリ。

 

 

 

 

 

発売は、明日9月5日12:00~です!

(通販は13:00より開始。)

 

 

 

 

価格・通販はコチラ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今週末も

皆様のご利用お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上、遠藤がお送りしましたm(^^)m

 

 

 

 

 

 

 


2020年お盆最後のスペシャルアイテム!!ウエアハウスの37モデルがノンウォッシュで入荷!!【JUNKY STYLE×WARE HOUSE "Lot DD-1004(1937 MODEL) NON WASH"】

JUGEMテーマ:日記+情報

 

 

 

 

 

 

 

_DSC0101.JPG

 

 

 

 

こんにちは!遠藤です!

 

今年のお盆休みはどうですか?

 

灼熱の暑さで外に出るのも億劫ですよね。

 

自分はこれくらいの気温

大好きなんですよね!

あと蝉はうるさいぐらいがいいです!

その方が夏を感じられる気がして!

 

 

 

 

 

 

まあそんなこんなで

お盆休みも残り2日。

 

なわけで、

2020年お盆休み最後のスペシャルアイテム!

明日発売!

 

 

 

 

 

そ、そそ...

それが

コチラ!!!

↓ ↓ ↓

_DSC0145.JPG

JUNKY STYLE×WARE HOUSE

"Lot DD-1004(1937 MODEL)”

NON WASH

 

 

現在ヴィンテージ市場で

かなり高値で取引されている

37モデル。

 

サスペンダーボタンが

省略され、

シンチバックとベルトループのみ

となった当モデルは

第二次世界大戦が始まるまで続きます。

 

 

 

_DSC0095.JPG

このモデル最大の特徴である

シンチバック

 

サスペンダーボタン同様

いずれ無くなる運命の

シンチバック。

儚いからこそ、ロマンがあります

 

 

 

_DSC0077.JPG

☝"SOLIDE"と刻まれ、

バックルには滑り止めが付いていないタイプ。

 

 

 

_DSC0090.JPG

バックポケットに施された

飾りステッチには秘密が。

 

 

 

_DSC0038.JPG

この時代はまだ2本針ではなく、

1本針によって往復することで

飾りステッチを施していました

 

47モデル以降に見られる

中央でクロスしたデザインではなく、

その見た目から

”カモメステッチ”

と呼ばれています。

 

 

 

_DSC0001.JPG

そして、バックヨークは逆高に

▷大戦モデルからはバックヨーク側が

低くなるようです。

 

 

 

 

【FRONT】

_DSC0125.JPG

ここで注目すべきは

やはり股リベ

 

これも大戦期には無くなります。

 

 

なんか、37モデルには

貴重な仕様が

たくさん詰め込まれていたんだな〜。

としみじみ感じます。

 

 

 

_DSC0128.JPG

☝これは補強用です。

 

 

_DSC0131.JPG

コインポケットの位置が高め。

 

 

 

_DSC0119.JPG

内側にはセルヴィッジ隠れています

 

 

 

_DSC0058.JPG

_DSC0098.JPG

隠れる”と言えば、

剥き出しから隠しリベットへ。

 

 

30年代と言えば、

デュードランチが

盛んになりましたからね〜。

 

 

 

_DSC0136.JPG

☝ちなみにサイドステッチは長めです。

 

 

 

_DSC0119.JPG

見れば見るほど、

奥が深いなと感じます。

 

あの赤タブが設けられたのは

前年の1936年からと言われています。

そこから新たにブランドのクオリティが

ブラッシュアップされた、そんなモデルに。

 

 

 

 

 

 

 

_DSC0007.JPG

デニムと言ったら、でお馴染みの

ナベさんは手に入れました!

 

 

ヴィンテージに詳しい彼が

手を出した理由わかりますよね?

 

 

 

 

_DSC0028.JPG

(175cm ノンウォッシュ32)

 

今回もジャンキースタイルだけ

ノンウォッシュ別注!

 

 

ナマから穿くのか?

それとも

ワンウォッシュして

サイズを合わせてから穿くのか?

 

 

それは、

あなた次第です!

 

 

 

 

_DSC0031.JPG

シルエットは、

ほぼストレートでやや太め

 

戦後ほどファッション感は強くなく、

ワークめな印象

 

 

 

_DSC0019.JPG

オリジナルのバナーデニムを

使用しているので、

経年変化は折り紙付き!

 

 

 

_DSC0101.JPG

ジーンズの歴史を辿ると

このモデルの貴重さに気づくはず!

 

 

 

 

 

発売は、明日8月15日12:00~です!

(通販は同日13:00~開始。)

 

 

 

 

大戦モデルを手にした方
それ以前のモデルも

ぜひ穿き比べてみてください!

 

 

 

 

 

 

 

価格・通販はコチラから!!

 

 

 

 

 

 

 

 

今週末も

皆様のご利用お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上、遠藤がお送りしましたm(-      -)m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ジャンスタ別注!!70501XXの大戦モデルが明日発売!!【JUNKY STYLE × WAREHOUSE "70501SXX NONWASH"】

JUGEMテーマ:日記+情報

 

 

 

 

 

 

 

_DSC0004.JPG

 

 

 

 

 

 

こんにちは!遠藤です!

 

 

 

 

 

明日は8月1日!

 

ということは...

そう!遠藤父の誕生日です!

56歳になります!

この場を借りて、おめでとう!

 

 

まあそれは置いておいて

もう夏真っ只中の季節。

今年はまだ本領発揮していないみたいですが、

十分蒸し暑いですよね。

 

 

そんななか、

夏用デニムとして

大活躍間違い無しの

あのジーンズが登場です!

 

しかも、別注。

 

 

 

 

 

 

それが〜

コチラ!!!

↓ ↓ ↓

_DSC0057.JPG

JUNKY STYLE × WAREHOUSE

"70501SXX"

NONWASH

 

 

1930年代から展開されていた

女性用ジーンズ『701』を

忠実に再現したモデル。

 

今回は今激アツの

大戦モデルです!

 

 

 

_DSC0027.JPG

大戦中も製造されてたんですね〜。

 

XXモデル同様、様々な部分が

簡素化され、

大戦モデルならではの仕様が

たくさん詰まっています!

 

 

 

_DSC0031.JPG
やはりまずは

ペンキステッチでしょう。

 

 

 

_DSC0015.JPG

なかなか確認しづらいですが、

極薄で描かれています。極薄で。

 

ノンウォッシュで

ギリ確認できるくらい。

ペンキを残しておきたい人は

ナマで穿こう!

 

 

 

速報:ナマを手にできるのは

ジャンキースタイルだけ。

 

 

 

 

 

_DSC0034.JPG

気付いた方もいると思いますが、

ポケットの縫い付けが

ちょっと雑め

(いつもの大戦モデルより

歪さが増している気が!

こういう個体だったのでしょう。)

 

もちろん、

そこまで忠実に再現しています

 

 

 

_DSC0039.JPG

☝センターオンセット

 

 

 

_DSC0050.JPG

そして注目すべきは

ボタンフライ

であるということ!

 

 

 

_DSC0053.JPG

以前当店でも販売していた

70501XX

ジッパーフライでしたが、

こちらはいわゆる47モデル

 

 

そういうことなんです。

大戦期まではボタンフライ

だったと言われているんです

 

 

 

 

_DSC0057.JPG

そのボタンというのは

メタルのドーナツボタン

 

 

 

_DSC0064.JPG

しかも、トップのみ

黒塗りのロゴ入りドーナツ

 

 

なかなか重厚感のある作りです。

 

 

 

 

_DSC0092.JPG

そして、

コインポケットには

リベット無し

 

これも大戦モデルならではの

ディテール。

 

 

 

_DSC0096.JPG

外側にだけ

イレギュラーなステッチが

入っています

 

 

 

_DSC0105.JPG

ポケット内を見ると、

こちらにも変わった縫製が。

 

 

_DSC0053.JPG

☝70501XX 47モデル

 

あの大戦モデルの

凹みは何なのか?

全て解決できていないのが

ロマンがあっていいですよね〜。

 

 

 

 

_DSC0084.JPG_DSC0088.JPG

隠しリベットは鉄製

この錆び感がかなりリアル。

 

 

 

_DSC0045.JPG

オリジナルの布パッチ

 

 

_DSC0008.JPG

今回は

白ミミ付きの赤タグ

たま〜にヴィンテージに

見られる貴重な仕様

 

 

 

_DSC0020.JPG

生地は大戦仕様だから

ヘビーオンス?

というわけではない。

 

7番×10番(12 Oz)デニム

メッチャライト

 

 

同じ大戦期でも違う。

 

じゃあ大戦以降と同じか。

それも違うんです

 

 

 

_DSC0022.JPG

☝左:70501SXX

右:1003XX(1945)

 

 

秘密は緯糸

 

70501XXも同じく

7番×10番の糸ですが、

今回の大戦モデルのみ、

緯糸にトップグレーカラー

糸を使用しています。

 

 

 

_DSC0042.JPG

そのためか、

ノンウォッシュの状態

青味が強めです

 

 

これまでにない色落ちが

体験できることでしょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

_DSC0011.JPG

(178cm ノンウォッシュ29)

 

 

701と言えば
お馴染みのゆったりシルエット

 

 

女性用に開発されたこともあり、

お尻(骨盤)周りが特にゆったりしています

 

 

 

 

_DSC0029.JPG

 

だからと言って

極太ストレート!とは違い、

やや太めで、股下から裾にかけて

緩やかなテーパードがかかる

シルエットです。

 

 

 

 

_DSC0033.JPG

今回のモデルはセコハン丈なので

レングスはそんなに長くありません!

 

裾上げ不要の設定がラク!

 

 

 

 

_DSC0044.JPG

まあなんにせよ、

夏にペインターも良いですが、

5ポケットジーンズで

こんなおもしろいのも

あるんです!

 

今年はこっちに挑戦しませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

_DSC0004.JPG

 

発売は、もちろん、

明日8月1日(土)12:00~です!

(通販は同日12:30からです。)

 

 

 

 

 

 

価格・通販はコチラから!!

 

 

 

 

 

 

前回の70501xx同様、

即完売してしまうのは

覚悟してください!

 

 

ぜひジャンキースタイルだけの

未洗いモデル、

ゲットしちゃってくださいね!

 

 

 

 

 

 

 

 

今週末も

皆様のご利用お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上、遠藤がお送りしましたm(o   o)m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


スペシャル別注アイテム!!ウエアハウス×ジャンキースタイルのコラボジーンズ"46モデル"がキターーー!!【WAREHOUSE×JUNKYSTYLE "Lot S1001XX-25(25TH ANNIVERSARY 1946 MODEL)"】

JUGEMテーマ:日記+情報

 

 

 

 

 

 

 

 

 

_DSC0175.JPG

 

 

 

 

 

こんにちは!遠藤です!

挨拶もそこそこに。

とうとう来ました!この時が!

 

 

風のように瞬く間に去って行った

Lot 1001XX-25 (25th anniversary 1950 model)

に続き、ウエアハウス25周年記念シリーズ、

もう一つのモデルがついに登場です!

 

 

時代の転換期に生まれた

奇跡のモデル!

 

近年さらに注目を得て

ヴィンテージ市場を賑わす存在に!

 

 

...1946

 

 

 

 

 

 

 

それでは参りましょう。
今回ご紹介するのは

コチラ!!!

↓ ↓ ↓

 

_DSC0011.JPG

WAREHOUSE×JUNKYSTYLE

"Lot S1001XX-25

1946 MODEL"

 

 

大戦期と47モデルのディテールが

混合したレアモデル。

それが1946モデル

 

一番こだわる”生地”が

大戦期のヘビーオンスだということが

我々としても嬉しいところ。

 

やはりアタリの付き方が

全く違います!

 

 

 

_DSC0030.JPG

6.7番×6.6番 WW競妊縫

 

みんなすごい色落ちさせてくるもんな〜。

 

 

 

大戦期のディテールといえば

_DSC0041.JPG_DSC0045.JPG

鉄製の隠しリベット

刻印入りですね。

 

47モデルでは銅製に変わります。

 

 

 

 

_DSC0070.JPG_DSC0076.JPG

あとは縫製の簡略化

 

大戦期は物資統制がありましたからね。

前年に終結しましたが、

すぐには今まで通りに戻らなかった

ということでしょう。

 

 

今となっては貴重なディテールの一つです。

 

 

 

_DSC0060.JPG

空環付きも先と同じような事でしょう。

 

 

ちなみに今年3月に発売した

DD-1003XX NEW DENIM

(1946 MODEL)

Vステッチの長さが少し異なります。

_DSC0106.JPG

DD-1003XX NEW DENIM(1946 MODEL)

 

 

 

 

 

47モデルにも見られる

ディテールとしては、

_DSC0013.JPG

やはり、

バックポケットの飾りステッチ

 

大戦期はペンキによって

ステッチが描かれていました

 

...にしても

 

 

 

_DSC0015.JPG

☝ポケットの縫製もイビツ。

 

 

 

_DSC0036.JPG

そして、

コインポケットには

リベットが付きます

 

大戦期は省略され、

補強ステッチのみでした

 

 

 

 

_DSC0058.JPG

46に多いディテールとしては

リベットの刻印があるものと

無いものの両方が混ざっているということです。

 

 

 

_DSC0024.JPG

また

オールイエローステッチ

46に多いディテールの一つです。

 

 

 

 

_DSC0093.JPG

今回気になったのが、

主要縫製の二本針ステッチの

幅が47モデルと比べると狭い

ということです。

 

これは肉眼でないとわかりにくい

かもしれませんが、確かにそうです。

 

 

 

_DSC0107.JPG

1946

 

_DSC0105.JPG

1947

 

 

こんな細かいディテールが

あるんだと感心しますが、

それ以上に

ウエアハウスさんがそれに

気付いてあえて変更しているという点に

感服いたします。

 

 

 

 

そのほかに47モデルと比べて

異なる点と言えば、

_DSC0114.JPG

コインポケット位置が

46の方が高めというのもそうですが、

生地の使い方も異なります。

 

 

 

_DSC0125.JPG_DSC0124.JPG

生地の綾目が逆なのに気付きますか?

 

なんと46モデルは

生地を横使いしています。

 

 

 

このほかにも

サイドステッチの長さや

縫製ピッチの幅、

ベルトループの太さなど、

細かいディテールの違いがたくさんあります。

 

これ以上説明するのも野暮でしょう。

 

 

 

一言述べるとすれば、

こだわり抜く

とはこういうことを

言うのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

ーーー重要なのはこれから!ーーー

 

 

前回同様、

ジャンキースタイルにしか

見られないスペシャルな仕様が

あります!

 

 

 

まずは、

_DSC0161.JPG

腰帯に付いた

ジャンキースタイル

オリジナルラベル

 

かなりオシャレなデザイン!

内側に付いているというのもポイント!

 

 

 

_DSC0143.JPG_DSC0144.JPG

もうひとつが、

二重タグ

 

これはヴィンテージでもたまに

見られるイレギュラーディテール

 

そこをやっちゃうのが

ジャンスタらしい!

 

 

 

 

....とここまでは、

先月発売の1950モデルと

同じ仕様。

 

 

ここから

1946モデルだけの

特別仕様をご紹介。

 

それが、

_DSC0131.JPG

完全別注の

スペシャル鹿革パッチ

 

 

デザインをよ〜く見てみて下さい。

_DSC0132.JPG

ジーンズを引っ張る馬

そういうことです。

 

 

それだけでなく、

印字のカラーがグリーン

 

そうです!

グリーンスタンプ!

 

 

いや〜ありがたいです。

わざわざこのためにだけ

作っていただいた革パッチ。

我々も愛着が湧きます。

 

 

 

 

とまあここまででも

十分スペシャルですが、

今回はもう一つ

 

ここまでやってくれました。

2度目は無いかもしれません。

(気付いたかたもいるでしょう。)

_DSC0165.JPG

ジャンキースタイル

別注バラックバック

 

 

今回のモデルをご購入いただいた

お客様にはこちらの

別注バラックバックが付いてきます!

 

やべ〜。これだけでも欲しい。笑

 

 

 

 

_DSC0011.JPG

ゲンちゃん:ノンウォッシュ28

ナベさん:ノンウォッシュ32

 

ジャストサイズで穿くげんちゃんと

ややゆったりめに穿くナベさん。

 

 

ちなみに今回の生地、

洗いをかけると、

ウエスト・レングスで約2インチ以上

そのほかは約2cmの縮みが出るそうです。

 

 

 

_DSC0014.JPG

先週発売の1950モデルと

比べると、

サイズ感はほぼ同じですが、

今回の1946モデルの方が

少しだけ全体的にゆったりしています

 

ぜひご参考に!

 

 

 

 

_DSC0031.JPG

にしても一般的に見たら

違いがわからないのでしょう。

 

でもそれでいいんです!

自分と分かってくれる人がいれば!
 

 

このブログを見てくださってる方なら

わかってもらえるでしょう!

 

 

 

_DSC0034.JPG

むしろ

この素晴らしさがわからないのが

かわいそうなくらいです!笑

(オールイエローステッチが

輝いているぜ!)

 

 

 

 

_DSC0008.JPG

1950モデルを手に入れられなかった人

今回は絶対に手に入れて下さい!

 

1950モデルを手に入れた方

25周年記念モデルを
絶対に揃えて下さい!

 

そして、

_DSC0056.JPG

先月発売した、

DD-2001XX 1946model

を手に入れた方

絶対に上下同じ年代で

揃えて下さい!笑

 

 

 

_DSC0170.JPG

気になる本数ですが、

 

限定150本のみ!

 

前回同様

そりゃもう

あっという間でしょう。

 

サイズは、

28~34,36,38,

特別に40まで!

 

 

 

3fLFp6ZLu4jriiPjwRzJ1594366144-1594366381.gif

 

そういうわけで、

発売は明日7月11日PM12:00~!!

(通販はPM12:30より。)

※お取り置きは一切できません。

 

 

 

 

 

 

 

改めて25周年を迎えられたのは

大変めでたいことです。

 

 

昨今様々な災厄が迫っていますが、

そういうのを乗り越えて、

また30周年のときに出会いたいものです!

 

 

それまでに今回のデニムを

思い思いに育て

最高のマイジーンズにしましょう!

 

 

 

 

 

 

》》価格・通販はコチラから!!《《

 

 

 

 

 

 

今週末も

皆様のご利用お待ちしております。

※今週末の営業時間は

土日どちらも

12:00~20:00まで

となります。

お間違えの無いようお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

_DSC0060.JPG

 

 

以上、遠藤がお送りしましたm($   $)m

 

 

 

 

 


4年連続!!ジャンキースタイル×グレイトフル・デッドのコラボTが発売だーーー!!【JUNKY STYLE×GRATEFUL DEAD】

JUGEMテーマ:日記+情報

 

 

 

 

 

 

TcSXUKS2uKw08e4nRHNg1593758008-1593758322.gif

 

 

 

 

 

こんにちは!遠藤です!

 

 

もう週末です!

最近は一週間が

アッちゅう間に感じます。

 

7月最初の週末ということで

ジャンキースタイル流

夏の風物詩

をご用意しました!

 

 

 

 

 

 

今年で4年目となる

別注アイテム!

今回も最高の出来!

これなしでは

ジャンキースタイルの夏は語れない!

 

 

 

 

 

 

 

さあみなさまご注目を!

今回ご紹介するのは

コチラ!!!

↓ ↓ ↓

_DSC0005.JPG

JUNKY STYLE×GRATEFUL DEAD

S/S T-SHIRT

"CYCROPS"

 

 

 

_DSC0088.JPG

そういうことです!

グレイトフルデッドとの

コラボTシャツです!

 

今年は両面プリント!

しかも

前後で違うモチーフ!

 

 

 

_DSC0056.JPG

まずはフロント。

 

このモチーフは初めての採用!

 

 

 

_DSC0102.JPG

CYCROPS

 

通称:

ONE EYE SKULL

 

これが非常に興味深いのです。

 

 

 

c0078333_10504780[1].jpg

STANLEY MOUSE

スタンリー・マウス

 

 

alton-kelley[1].jpg

ALTON KELLEY

アルトン・ケリー

 

 

デザインしたのはこの二人。

どちらもサイケデリックアート界の巨匠で

界隈では知らない人はいない

トップアーティストです!

 

 

二人は60年代後半より

マウス&ケリーという

コンビで活動しており、

1976年に完成させたのが

同作品

 

 

 

_DSC0073.JPG

この作品を有名にしたのが

1978年1月13日に開催された

グレイトフルデッドの

慈善コンサート

 

この時に作られたTシャツに

STOP NUCLEAR POWER』と

原発廃止を訴え

そのときに一緒に描かれていたのが

サイクロップスでした

 

 

 

_DSC0066.JPG

これまでのように

アルバムジャケットから

得たデザインではなく、

真のデッドヘッズだから

知っている

ライブTから得たデザインなのです

 

(真のデッドヘッズ=店長)

 

 

 

だがしかし、

なぜ一つ目のスカルを

描いたのか、

なぜ反原発のメッセージとともに

描かれたのかなど

まだまだ謎が多いモチーフ。

 

 

むしろ完全にわかっていないからこそ

価値のあるデザインなのだと思います!

 

 

 

 

そして、バックは...

_DSC0024.JPG

 

 

_DSC0035.JPG

"SKULL & ROSES"

 

記念すべき

初代ジャンスタ別注デザインです!

 

グレイトフルデッドを

代表するモチーフですよね!

 

 

 

699[1].jpg

1971年のアルバム

GRATEFUL DEAD

のアルバムジャケットのデザインで

これを描いたのが何を隠そう

この二人、

スタンリー・マウス

アルトン・ケリー

なのである。

 

 

 

 

_DSC0076.JPG

実は両面どちらも

マウス&ケリー

のデザインだと知ったのは

完成してからのこと。

 

 

偶然の出会いで完成した

奇跡のTシャツなのです!

 

 

 

 

 

しかも今回4年目にして

初の試みが、

_DSC0101.JPG

JUNKY STYLEの文字を

入れてもらいました!!

 

 

_DSC0092.JPG

このさりげない感じが

またいいですよね!

 

インポートのTシャツなどでよく見る

デザイナーや製作者の名前が入るヤツです。

 

 

 

 

そして

今回ご用意させていただいた

カラーは、

_DSC0011.JPG

・WHITE

・BLACK

・TYE DIE

 

 

_DSC0106.JPG

定番のホワイト・ブラックは

言わずもがな、

このタイダイも初の試み!

 

 

 

_DSC0004.JPG

まさに

グレイトフルデッドの世界観に

完全にマッチしています!

 

サイケデリックアートに

もってこいのカラーです!

 

 

 

_DSC0003.JPG

(165cm サイズL)

 

60'S~70'Sのヒッピーが

現代に蘇りました!

 

 

 

_DSC0006.JPG

ゆったり、

あえて気だるい感じに着るのが

真のデッドヘッズ!

 

 

 

_DSC0013.JPG

同じ物が一つと無い絞り染め!

レア中のレアです!

 

 

 

 

 

【WHITE】

_DSC0019.JPG

(165cm サイズM)

 

最も柄が映えるホワイト!

 

 

_DSC0024.JPG

 

やっぱり白が1番かっこいい!

 

 

 

 

 

【BLACK】

_DSC0030.JPG

(165cm サイズM)

 

黒は渋い、渋すぎる!

 

 

_DSC0042.JPG

 

やっぱり黒が一番カッコイイな〜!

 

 

結局

全部カッコイイ!

 

 

 

 

 

_DSC0011.JPG

 

 

発売は

明日7月4日(土)PM12:00~!!

(通販は同日PM12:30からです。)

 

 

一枚ではおさまらないこと

間違い無し!!

 

 

みなさま明日はご準備を!!

 

 

》価格・通販はコチラから!!《

WHITE

BLACK

TYE DIE

 

 

 

 

 

 

 

皆様のご利用お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

以上、遠藤がお送りしましたm(-  -)m

 

 

 

 


| 1/25PAGES | >>

RECENT ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

SEARCH THIS SITE.